Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

02/22/2009

SCRIPT

構想25年

なんて企画の脚本がそんなすぐに書けるわけがなくて

過去にかれこれ十数回は書いては書き直し

変えては書き

を繰り返している。


また改めてこれにかかるのか。

まるで何度も登っては遭難しかけて降りてしまった山に

懲りずにまた登山するように。


さあ、今日から書こう、

と朝、新聞をめくると

「コソボ独立から1年」

「ウガンダの反政府組織 コンゴで大虐殺」

の記事。


わあ、

なんてタイムリーだろう。


まさに

コソボ紛争 と アフリカ内乱 について調べようと思っていたから。

脚本の中ではほんの数行の記載でも、知らないで書くわけにはいかない。

いつも1本の映画を作るごとに

実にさまざまな勉強をしなければならない。

かつてある映画で、登場人物がショーペンハウエルの本を読んでいる場面を撮るために、
ショーペンハウエルの代表作を読もうと思ったら、

『意志と表象の世界』という哲学書は
2段組の厚さ4センチの大著で、

読破に3ヶ月くらいかかった。


読んで良かったけども。

とりあえず今、知らなければならないのは


コソボ紛争、

アフリカの内乱、

三柱の太女神、

縄文文化、

などなど。


ああ、

フリーメイソンのことも勉強中。

いったい、どんな映画なのだろうか。


どっぷり執筆にはまっている間は時間も止まり、

世界は消えて


心地いいのだけど。

02:26

コメント

私も漫画を描く時、もっと良い話が描けるような作家になりたいです。

後、話が変わりますが、私は2004年のブラック・ジャックのアニメが放送される前から、ブラック・ジャックの事を知っています。こういえば変な話ですが、私は平成元年生まれで本当に幼い頃にブラック・ジャックのアニメを見た記憶があります。OVA版が作られる前のアニメだと思います。

父と見ていて、テレビ画面にはブラック・ジャックとピノコがいて、場所は海辺。ブラック・ジャックは後ろからついて来るピノコに「ついてくるなっ」と言っているシーンを見ました。

はたして今思うのですが、そういうアニメーションがあるのでしょうか?

私の夢かもしれませんが、私は父に「ピノコってブラック・ジャックの娘?」って聞いた事があります。

くだらない話ですが長文ですみません。

投稿者:
Feb 22, 2009 10:24:39 PM

一つの作品を作ろうとするときは何かと色々な資料がいりますよね(^-^)どの本を見れば載っているのかとか資料を探すのも大変ですよね(^-^;
私の家から50メートル以内に図書館が建てられたら幸せです♪
私は調べ事が大好きなので(〃▽〃)

投稿者:
ロコ
Mar 3, 2009 1:18:09 PM

コメントを書く

コメント入力フォーム