Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

02/12/2009

STUDENT FILM

ひさしぶりに学生映画を観に行きました。


いつもフリーハンドの部活に参加してくれている山田くんたちのプロジェクトで

彼らは日芸の映画学科の現役大学生。

後輩になります。


自分たちで作った映画を1日だけ、ラフォーレ原宿で上映していました。


映画とか動画とか作っている若いヒトやアマチュアは多いけど、
仲間うちで見るだけで、

大きなホールに一般客を入れて見せる人たちは少なくなりました。


だいたい学生の映画は作ることで精一杯、

見せるところまでパワーがないものです。


そんな中で、1日とはいえ大きなホールを使って上映をするのはよくがんばった。

特設劇場となったラフォーレミュージアムで彼らの映画を楽しみながら、しばし郷愁の念にかられました。


28年前、ぼくもここで同じように8ミリの映画を上映したなあ。

ホールは6階にあるのですが、
そのときは開場が遅れたので1階までお客が並びましたっけ。


学生映画に人気があった、懐かしい時代です。


当時の学生映画は、もちろんプロに比べると技術や演技など稚ないものでしたが、

ときに新鮮な感性に出会ったり、プロでは考えられないアイデアやプリミティブなパワーにあふれていることもあり、

拾いモノもあったんです。

(28年前にぼくもそう言われた)

プロとは違うことやろう、と意識していたな。

いまの学生映画はカメラやパソコンなどプロ並みの機材が駆使できるので、

以前には比べモノにならないほど技術はよくなったし、

出演者も仲間うちで調達ではなくて、
一応、プロの俳優が出ていたりするので、

悲しくなるほど酷い作品は減りました。


むしろプロと見まがうほどの作品もありますが、

それが逆に新鮮さを失う原因になっていることもあります。

そんなわけで、これから映画を作ろうという学生の皆さんにアドバイスしますね。


・シナリオの詰めの甘さ
…話は良くても、ディテールや会話がわざとらしい、そらぞらしい。自然に見せるには、よくよく考えてシナリオにリアリティを付加すること。

・説明が足りない
 …自分だけでわかってしまってはダメ。設定や人物の行動や心理はていねいに描写すること。
とはいえ、

・説明だけでは表現にならない
…演出が説明だけで終わってしまっていると、映像に美学や膨らみがない。これではありふれたテレビドラマみたいで、映画らしくない。

・観客を飽きさせないサービスを
…プロは心得ているわけです。ただテーマや考えを描写するだけでは面白くないでしょう。

・ほかと違うことをする
…いかに正しいことでも「これじゃフツウすぎる」「コレよくあるよね」「誰かがやっていた」ことは、できるだけ避けましょう。

はじめて行われることなら、ヘタでもすごいんです。

01:34

コメント

手塚治虫先生の番組見てます。

昨日はブラックジャックのお話でしたが、良い話でしたよ。
私も手塚治虫先生のようにはなれないかもしれませんが、手塚治虫先生のようなストーリーが描けるような漫画家になりたいと思います。

やっぱりストーリーには主役が大事ですね。

主役に魅力があるからブラックジャックは売れたのかもしれませんね。

勝手な想像すいません。


投稿者:
Feb 12, 2009 7:44:17 AM

映画を作った生徒たちも眞さんに見てもらえて嬉しいでしょうね(^^)♪
プロの目から見てもらえて良いですね(^^)
時代と共に映画が進化するのは嬉しいですが初々しさが少なくなってくるのは寂しいですね…
眞さんのアドバイスを読んでて思ったのが漫画も映画も似てるなぁと思いました(^^)
漫画も説明ばかりではいけないし足りなくても読者に分かってもらえないので気を付けないといけません。
眞さんのブログは勉強になるのでありがたいです(^O^)v♪

投稿者:
ロコ
Feb 15, 2009 2:05:14 PM

コメントを書く

コメント入力フォーム