Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

02/19/2009

NEXT STAGE

都庁の展望室のくせに、林檎とシナモンのカプチーノなんてしゃれたものがある。


例によって展望室のカフェで考えごとです。

別に書斎代わりに使っている、
わけではないのだけど。

ウィークディの午前中は、観光客もまばらで落ち着くんです。

2月17日は坂口安吾さんの命日で、

例年通りゆかりの方々が集まって「安吾忌」が執り行われました。


20年前、その安吾忌の席で、ご遺族に直接

「『白痴』を映画化させてください!!」

とお願いしましたっけ。


お願いしながら、
これは厄介な企画で、製作は困難きわまる、
きっと10年くらいはかかる、

と覚悟していたら、

みごとに10年かかってしまい。


10年かけて作ったのだから、10年は上映しよう、

という今年は完成から10年めで、

どこかで上映しなければと考えているところ。


これでやっと『白痴』の呪縛から解放されるので、

いよいよ次なるプロジェクトに本腰を入れられるわけです。


次は、

原作なし、まったくのオリジナル。


どのくらいオリジナルな作品に徹するか、

を考えている最中。


映画には描くべき内容と、描き方のスタイルがあります。

このふたつが絶妙に合わさってはじめて表現になる。


たいていの新鮮な映画は、
シンプルでスタンダードな内容をオリジナルなスタイルで描くか

オリジナルに満ちたストーリーをシンプルに描くか、

どちらかがいいので、

もし内容とスタイルの両方を完璧にオリジナルなものにするなら、

観客には馴染みの薄いものとなり、

なかなか理解されない。


それはかなりの 賭け です。


万が一には斬新で魅力的な作品になるかもしれませんが、

まあたいていは誰にも相手にされない難解な作品として無視される。

20年前、同じような想いで『白痴』の企画を始めました。

もっとも、坂口安吾の原作があったので、
完全なオリジナルではありませんが。

次のプランは、

実は『白痴』以前から考えていた企画なので、

構想25年。


それは禁断の企画。

というと響きはいいのだけど

要は25年も作らなかったのはそれなりに理由があるので

『白痴』以上に困難と思うから二の足を踏んでいたのかもしれず、

これが冒険だとすると、
遭難が約束されたようなもので、

出発すらはばかる。


いま、その乗組員を探しているところ。

何人かのアーティストが色良い返事をくれたのが、いまのところ唯一の希望です。


題名は 『 神 秘 』。


テーマは 『 日 本 』。

国際的なスケールで描かれる、

西新宿の、1万年間。


ヒトの心の奥底が、宇宙に等しく通じているということ。

誰もつくらず、誰にもつくれない映画。


そうなればいいな、と。

13:36

コメント

映画作りは大変ですね。こんなにかかるなんて( ̄▽ ̄;)

あっぱれです。


後、話が変わりますが手塚プロダクションで七色いんこをアニメ化して欲しいですね。

ブラック・ジャックの次に好きな漫画なので。

あんなに面白い漫画なのに何でアニメ化にならないんだろうって思います。(ブラック・ジャックでは少し出て来ましたが。

無理な要望かな(笑)

投稿者:
Feb 19, 2009 9:44:53 PM

誰もつくらず、誰にもつくれない映画。カッコいいですね(^^)♪
新作の映画楽しみにしています(^O^)v
題名とテーマが素敵です☆☆
頑張って下さい!(^∀^)っ旦~~

投稿者:
ロコ
Feb 22, 2009 12:02:26 AM

コメントを書く

コメント入力フォーム