Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

02/23/2009

SCRIPT 2

登場人物が

勝手にしゃべりだす。

いうことを聞かない。

勝手に立ち上がったり、場面から出ていこうとしたり。


コラコラ、まだこの場面は終わりじゃないのに。


脚本を書きながら、登場人物と闘いが始まった。

もちろんぼくが作り出した個性なのだけど

作者に逆らう。

というより、

「もっとちゃんと書いて。私はこんな台詞はいわない。こんなことはしない」

と抵抗したりわがままをいっている。


いい傾向ではある。

彼らが生きてきた証しだから。

ここからが脚本作りの難しくもやり甲斐があるところだ。

物語以上に、そこが映画の核になる。


そして常に自分をより以上にしていかなければならない。

昨日の自分を今日は越えなきゃならない。

数時間前の考えを、さらに越えなければならない。


こうして、いつも時代からずれた映画になっちゃうんだよな。


まあ自分の個性だからしょうがないけど。

注文していた本がゴソッと届いた。

ほとんどが日本文化や日本人についての本。

まだ読んでいなかった『日本文学史序説』を含む加藤周一さんの著作やら、

網野善彦さん、山本七平さんの本なども混ざっている。

なかなかの厚さで、

読破するのに幾日かかるだろう。

だいたい、読む時間はどこにあるのか。

よほど難しい映画を作ると思うかもしれませんね。

でも、実はおとぎ話なんです。


妖精物語なんです。


大人のためのファンタジーが作りたくて。


ほとんど空想

というより

妄想。


まあ、だからよけいに手がかかるのですが。

21:57

コメント

映画作り頑張って下さい。

手塚さんの映画はブラック・ジャックの映画しか見たことがないので、是非他の作品も見たいのですが、DVD化されているのでしょうか?

投稿者:
Feb 24, 2009 11:22:21 PM

手塚さんの美しい映像、そして手塚さん独特の世界観が大好きです!
手塚さんが創造する『神秘』の世界を目にする日を楽しみに待っています。

投稿者:
ピノ
Feb 26, 2009 12:07:21 AM

こだわって作っていますね(^O^)vこれは完成が楽しみです♪
応援しています♪
頑張って下さいね(^∀^)っ旦~~

投稿者:
ロコ
Mar 3, 2009 1:23:33 PM

コメントを書く

コメント入力フォーム