Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

03/28/2009

10YEARS

10年前、

札幌映画祭に行ったとき、

レセプションの会場にセーラー服の女子高生が紛れていた。


「あたし、映画を作るんです」

と、その子は眼をきらきらさせて言った。


「それはいいね。必ずしも勧めないけれど」

と、ぼくはちょっといじわるく答えた。


「すぐにやめちゃうヒトが多いから。 やるなら続けてよ。 10年は続けてほしいな」

などと、言った。

10年経った今年、彼女は東京で自分の映画の上映会を開いている。


すっかり立派な大人になって、ぼくの前に立った。


「言われたとおり、続けました」。

と、瞳はやはりきらきらしていた。

彼女、長沼里奈さんの監督作は、海外の映画祭でも上映されている。


プロの俳優も出演して、堂々としたものだった。

かつて初めてみた彼女の短編は、観客のためではなく、自分自身のために存在していた。


憧れと感性だけで、もがいていた。


いまは違う。


いま彼女は上映会場で、多数の観客を前にスピーチをしている。


ぼくは、良かったと想った。


まだまだ荒削りだけれど、少なくとも観客のために映画を作り始めたのだった。


これからが、本当の勝負になるのだろう。


次の10年、彼女はどんなに成長するだろうか。


http://www.eizoko.com

何か表現を始めたいという若い人に、ぼくはいまでも同じアドバイスをします。


やめなさい。


さもなければ


続けなさい。

04:15

コメント

映画作りって難しそうですね。漫画も同じでしょうか。

私の場合はネタはあるのに、構図が決まらない。あるいはネタがつまった、どうしよう…とかで悩んだりします。その時は寝て物語を考えたりしてます。まるでネタを考えるのに寝たですね。(寒いギャグ(笑))

手塚治虫先生も昔数え切れないほど連載を持っていたのに、どうやってネタを考えたんだろう。

投稿者:
Mar 28, 2009 12:02:23 PM

すごくわかりやすく適切な言葉で胸にカナリ響きました。
ありがとうございます

投稿者:
Uki
Apr 3, 2009 4:49:59 AM

コメントを書く

コメント入力フォーム