Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

03/14/2009

KABKI

日本の伝統文化を楽しむ1日。


まず国立劇場で

日本各地の「獅子舞」

を見る。


東北の、ちょっと珍しい獅子舞など。


舞台でみる獅子舞というのはおかしなものだが、

現地ではお祭りで行われるわけで、

人出もあるだろうし、
なかなか落ち着いてじっくり、という訳にいかないから、

これはこれで見物かも。


宮城の「鹿踊」は、獅子ではなく鹿の格好で踊るのだけど、

ちょっとびっくり。


なかなかシャーマニックなダンスだ。

400年前に猟師が始めたと伝えられてるが、

本当の起源はもっと古いかもしれない。


なんだかアメリカのネイティブのダンスを見ているようで不思議だった。


フランスのレ・トロワ・フレールの洞窟壁画には、頭が鹿で、2本脚で踊る人物の絵がある。

シャーマンだという説明になっているけれど、

鹿踊はそれを彷彿とさせて興味深い。

さて夕方からは新橋演舞場で久々に猿之助歌舞伎を観る。

演目は

『獨道中五十三駅』。


猿之助らしい外連(けれん)たっぷりの芝居で、

水中の場面では海老やヒトデ、タコが魚の群と舞い踊り、

右近が化け猫を演じて猫と一緒に踊ったかと思えば、

宙乗りで客席の上を飛び、

20トンの水が滝になって流れる中で段治郎が立ち回りをやり、(本当に水に飛び込んだり)

さらには右近が15役早変わりという絶後の芸を見せる。

同じ場面に4人の右近が同時に出る、

という手品のような早変わりだ。

こういうのを見ていると、

日本というのは、本当にオモシロイ

というか

ヘンでいいなあ。

それにしても1日に、

獅子、鹿、海老やタコやヒトデ、猫が踊る様を見た。

ほんと日本人は動物が好きなんだなあ


いまだにアニミズムでシャーマンの国

だと想うよ。

02:36

コメント

私の住んでいる町にも獅子舞があって、10月にお祭りで舞っています。

田舎なので、獅子舞があると、和風ファンタジックに感じます。

投稿者:
Mar 14, 2009 8:01:20 AM

コメントを書く

コメント入力フォーム