Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

03/27/2009

SAKRA

花見の季節になって

ちょろちょろとお誘いがあるのですが、

なかなか参加する時間がありません。


新宿御苑や代々木公園は事務所から芽と花の先、なんですが。


ちょっとクヤシイ。

花見、スキです。


呑めるから。

というと元も子もないのですが。

本当をいうと、

静かに花を眺めているのが好きなんです。


ひとりで花を眺めて、ゆっくり呑むのが。

なんか寂しい?


いや、寂しいほうがいいですよ、花見は。


酔っぱらって、大勢で騒いだり、

カラオケなんて言語道断。


本当の花見は陰気ですよ。


そもそも 桜 って、

あの世 とか 死 を顕す花でしょう。


坂口安吾の『桜の森の満開の下』を読むとよくわかります。


中世には、一面の桜の森はブキミであって、
ひとりでそんなところにいれば気が狂いそうになると。


いつから桜が観賞の対象になったのかな。


いまや 「国花」 ですものね。

ぼくは、ぞっとするような桜が好きです。


風にザワザワとなって、サーッ と花を散らす桜の森は、

美しく、

寂しく、

恐ろしい。

ぼくの中では、美しさと恐ろしさは紙ひとえなんです。


本当の美しさは、ぞっとするものですよ。

03:24

コメント

私も桜好きです。桜を見ると松任谷由実さんの歌『春よ、来い』を思い出します。この歌好きなんですよ。教科書にも載っています。

投稿者:
Mar 27, 2009 11:52:21 AM

私の住んでいる近くにある生田緑地(岡本太郎美術館や有名なプラネタリウムがありますよ☆)にはゾワッとするようなちょっと悲しげな桜が咲いています。心霊スポットとしても有名みたい。桜って響きもピンク色もなんだか切ない気持ちになります。でも今は誰もいないところで沢山の桜を眺めるなんてそうそうないですよね。だから最近はちょっと桜で幸せな気分にもなります。生田緑地の夜はとってもマコトさんのイメージにあってます(*^_^*)是非一度遊びにきてみてくださいな☆

投稿者:
そら
Mar 28, 2009 2:19:47 AM

コメントを書く

コメント入力フォーム