Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

03/12/2009

VISION

なかなか時間が空けられず、

進んでいなかった映画の脚本執筆にやっと戻って

ついにラストシーンまで辿り着いた。


途中、迷ったり悩んだり、

どう書いていいかわからなくなることもたびたびあって、

未整理の部分やまとまらないところもまだあるのだけど、

最後まで書くと不思議と見通しがよくなって、

なにをどうすればいいのかわかってくる。


先を書き進めるごとに、

それこそ迷路を抜けて次々に部屋へ入るごとに

パアッと明るくなって

見通しがよくなり、

すべてが明確に見えてくる。


夜が明けたように、
嵐が去ったように、

きれいな光が満ちてくる。

それは、25年前から見えていたビジョンだ。

これが描きたかったという。

こんな映画が観たかった、

という理想的なビジョン。


そしてそれは、

いまあるすべての映画に似ていない。

顔を上げると

窓の外に美しい夕景が映る。


視覚的恍惚。


美しいものを見ていると、ストレスが消え、

頭がスッキリ整理されて、

なにが大切か、明確になる。

脚本は書きあがった。


もちろん、

まだまだ手直しが必要だ。

しかし、どこをどう直すべきか、もうわかっている。

「スポンサーが会いたいといっているのですが」


あまりにタイミングよく、連絡が入る。

そんなにうまく行くはずがない。

楽しいのはここまで。

ここからはたくさんの苦しみが待ち受けている。


しかし、この映画のためにがんばろうと心に強く念じた。

命を捧げられるだけのものだと。

02:49

コメント

お久しぶりです(^∀^)ノ

大変ですね。こちらは春休みに入ってますが、映画作り頑張って下さいね。

投稿者:
Mar 12, 2009 8:31:09 PM

命を捧げられる映画…カッコいいです(^-^)
言うのは簡単ですが実行するのは難しいですよね(^-^;
私も命を捧げられるような大事なモノを作ってみたいですo(^o^)o
眞さん。頑張って下さい!!

投稿者:
ロコ
Mar 20, 2009 11:19:26 AM

コメントを書く

コメント入力フォーム