Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

03/21/2009

OKINAWA

沖縄にいます。

観光じゃないです。


沖縄国際映画祭に、 なぜか参加することになって、

新作映画もないのに来ちゃいました。


実は、

沖縄、好きなんです。

観光客として、ですけど。


学生の頃、琉球大学の映画研究部に招待されて来たのが最初でしたが、

一発でハマりましたね。


日本のようであって、ちょっとチガウ。

でも、大陸ともまた違う。

独特のハイブリッドな文化がとってもユニークで。


ノリが独特ですよね。


こちらのコトバで

「てーげー」

て言うのですが、

「適当」

って意味で、

つまり、いい加減なんです。


いい加減であることが美徳 っていうか。


とにかくすべてが
「てーげー」なんですよ。


それが沖縄の良さ、

って言うと皮肉に聞こえるかもしれませんが、


そうじゃなくて、


ぼくは好きですね、

そのノリ。

健康にいいと思いますよ。

適度な 「適当さ」 というのは。


事実、こちらは長寿のヒトが多いし。


いま、全国的に閉塞感というか、

行き場がない、生きにくい感じがあるじゃないですか。

それは、 「適当じゃダメなんだ」 「ちゃんとやらなきゃいけない」

って思いが強すぎるんですね。


もう少し気をぬいて、

てーげーでも人間、生きていけるんですよ。


そのほうが自然だと想う。


と、

いうことを気づかせてくれるのが 沖縄 なんですね。


食事はとってもヘルシーですしね。

あと、

沖縄にはきれいでかわいい女の子が多いです。


だからなんだ、


ですが。

00:49

コメント

もしかしてニコ動関係で沖縄に行ってらっしゃるのでしょうか?

テレビでニコ動映画祭だったか忘れましたが、会場映ってました。


ちょっと手塚さん、奥さんいるんだから女の子見てちゃダメじゃないですか(笑)

投稿者:
Mar 21, 2009 12:58:19 AM

初めまして!天村と申す者です。
眞さんの大ファンです^^いつもブログ拝見しています。

ニコニコ国際映画祭お疲れさまでした^^暑い中ご苦労様です。これからも映画祭委員長として、ヴィジュアリストとして頑張って下さい!心から応援しております。

投稿者:
天村
Mar 21, 2009 3:22:09 PM

無理せず頑張ってね☆

投稿者:
徳島宿泊
Mar 23, 2009 2:02:53 PM

初めまして。

今日はどんなことが書いてあるのか、
ブログの更新をいつも楽しみにしています。

お仕事頑張って下さいね!

投稿者:
はな
Mar 26, 2009 1:44:05 PM

こんにちは。

いつもブログ拝見させて貰ってます。
毎回、楽しい話題が多くて更新が楽しみです。

また遊びに来ま~す!

投稿者:
Fumi
Mar 26, 2009 9:33:30 PM

コメントを書く

コメント入力フォーム