Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

04/27/2009

ACADEMY 2009 3

おかげさまで「手塚治虫展」は大盛況。


「手塚治虫アカデミー」

も無事おわりました。


観に来てくださった皆さま、ありがとうございました。


「火の鳥」も豪華なパネラーの皆さんから貴重かつぜいたくな話をたっぷり聴けて、

こちらも幸せでした。


岡野玲子の感動的な秘話とか、

松岡正剛さんの含蓄ある話も期待以上に凄みがあって、

さりげなくおっしゃる瞬間も聞きのがせなくて

――そうか〜、ゲーテの『ファウスト』の原型は『ヨブ記』なのか、とか――

勉強になりましたね。


本当いえば、

あと2時間くらい話していたかった。


まだまだ、皆さん核心まで行き着かないうちに時間となりました。

松岡さんがおっしゃっていたように、

「まだまだ手塚治虫については語られなければならない」。

この「手塚治虫アカデミー」も、続けるつもりです。

たとえ1年に1回でも。


楽屋でパネラーの皆さんから

「こんなに父親のことに一生懸命な息子って、珍しいね」

と言われたのですが、

たしかに自分でも珍しいと想ってます。


皆さんだって、

自分の父親のこと、そんなに一生懸命やらないでしょう?


まあ、ぼくは変わり者ですから。

親に反抗期もまったくなかったし。

そういえば、

父が亡くなって以来、
ずっと何か手伝ってますね。


亡くなってすぐにNHKで番組作ったし、

手塚治虫記念館をプロデュースして、

公式サイトも立ち上げ、

デジタル・ソフトも出したり。


2003年のアトムの誕生日ではいろいろイベントにも参加しましたっけ。

『PLUTO』の監修をはじめ、

テレビと映画の『ブラック・ジャック』を監督したり、


なんだか、やってること多岐にわたってるなあ。

あと、実らなかったものでは

アトムを3DCGで作るプロジェクトとか(結局、いまハリウッドで作られてますが)

テーマパーク「手塚治虫ワールド」

やら、

ゲーム「ジャングル大帝」

なんてのもありましたっけ。


どれも数年越しのプロジェクトでしたが。

だから、特別に80周年で一生懸命ということでもないのですよ。

さてしかし、

そろそろ息子仕事ばかりじゃなく、

ヴィジュアリストの自分の面倒もみなければ。

年頭に、

「初心に戻って映画を」

といったわけだし。

自分の映画の企画は、少しずつ進んではいますが、

そろそろ本腰をいれなくちゃ。

あと今年は、

映画『白痴』から10年を記念して、

また新潟でなにか企みます。


夏には、ロンドンで、ある展覧会に参加する予定。

それも新しい映画に関連するのですけどね。

ヴィジュアリスト、突っ走ります。

とはいえ、

連休はひと休み。


「突っ走る」準備しなくちゃ。

03:15

コメント

コメントを書く

コメント入力フォーム