Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

04/20/2009

ACADEMY 2009

いまごろバレンタインデーにもらったチョコ食べてます。


1日、家でぼんやり。


先週末は「手塚治虫展」開催で、

数千人におよぶ、

本っ当に多数のご来場ありがとうございます。

そして土曜日は 「手塚治虫アカデミー2009」でした。


まずは

「日本アニメの未来」。


パネラーに

杉井ギサブロー監督  …はぼくが子供の頃から存じている、というより子供の頃のぼくを知っている方。

マンガ家のゆうきまさみさん  …はぼくが「究極超人あ〜る」のファンでサインをもらったことのある方。

アニメプロデューサーの竹内宏彰さん  …は初対面でしたが、『アニマトリックス』などをプロデュースされた国際的な方。

多摩美教授の片山雅博さん  …とは学生時代からのおつきあい。
ですが、今年アカデミー賞を捕った『つみきのいえ』の加藤監督は彼の教え子です。

『鉄腕アトム』から始まった日本のアニメ産業。

その現状とこれからを考える、というテーマでした。


細かな内容はここで触れられませんが、


ひとつの結論として上がったのが

「多様性」

というコトバ。

実はこれマンガやアニメの話を越えて、日本の文化や社会を考える上でタイヘン大事なキーワードで、

この一語が出ただけでも収穫の大きかったディスカッションでした。

ふたつめのシンポジウムは

「アートへの道」。


パネラーは

リリー・フランキーさん  …とは初対面が映画の現場で、ふたりとも出演者で、しかも石井輝男監督の遺作でした。

アーティスト日比野克彦さん  …とは、とっても久しぶりに対面。

メディアアーティスト岩井俊雄さん  …はかつてぼくにCG(Amiga)を教えてくれた師匠です。

現代美術館キュレーターの長谷川祐子さん  …は初対面ですが、日本のコンテンポラリー・アートに一番詳しく、貢献されている方。

日本のマンガ、アニメはアートになりうるのか、

という、やや愚問ともいうべきテーマでしたが、

― つまり、この場合「アート」が定義できないので。

「美術」なのか、「表現」なのか、または新しい「文化」そのものなのか ―


この話の帰結は(まとまることは期待していませんでしたが)、

日本のマンガやアニメはアート以前に偉大な文化なのであって、

その

「自覚」

が大事ということでしょうか。

1940年代以降に日本で生まれて育っていれば、それは身に染み込んでいるはずで、

だから特別に意識しなくとも個人の表現に顕れる。


では、はたしてその奥には


というのが次回のテーマで、

「永遠の火の鳥」。

そこにこめられた日本の歴史、日本人はなにを語ってきたか。


「いのち」をどう見てきたか。


マンガを読み解きながら、

日本の精神の根源に迫ります。


その前に、


ちょっとひと休み。


しばし呆けます。

21:14

コメント

コメントを書く

コメント入力フォーム