Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

04/10/2009

SILHOUETTE

前の記事にさりげなく書きましたが

実は新作映画ができました。


『Silhouette』

という8mm、9分の短編です。

それは自分ではカンペキに映画なのですが

たぶん誰に見せても映画とは思ってもらえない。


というと言い過ぎかな。


よほどあらゆる映画、映像を知り尽くしている専門家以外には、映画に見えないでしょう。


なにしろ

「話がない」「主人公がいない」「具体的な描写がない」「なにが映っているのかよくわからない」。

なにが映っているかといえば、


「影」。

根源的に映画は光と影の芸術です。


フィルムに光が当たり、

影を定着させる。


その影をスクリーンに投映する。

最近つくっている8mmの映画は、

そんな影、

8mmフィルムそのものの影と、


そこを透過する光、


それらのうつろう美しさ。

その儚い美しさを改めてフィルムから感じとるための映画です。

それをシンプルに表現しようと思えば、物語や人間の顔は必要ありません。

最近はデジタルカメラが発達したために、あらゆる映像が細部まで明確な輪郭を見せている。

鮮明で、わかりやすいことが美徳とされている。


そんな傾向にぼくは抵抗を感じています。


しかも、映画の内容はどんどん日常的になり、

わかりやすくなり、

人情的になっている。


だから、

そうではない映画をやっているのです。

こういう映画は、世間では

「アートフィルム」

といわれています。


ぼくは

「美術映画」

と呼んでいます。


「実験映画」

と呼ばれることもあります。


学生の頃から何十本も映画作品を作っていますが


大半はそうした「美術映画」です。


すべて観た、というヒトはおそらくいないでしょう。


そのうち何本かでも観た方は、ぼくのつくるそうした作品が


暗くて


観念的で


だらだらと退屈で


なんだか、さっぱりわからない


ということをよくご存知です。

まさしくそれらは

暗く、
観念的で、
退 屈で、
意味がわからない。


そしてそれゆえに美しく、

神秘であり、

だから映画と呼ぶほかにはないのです。


東京と京都で上映があります。

イメージフォーラム・フェスティバル2009

http://www.imageforum.co.jp/festival/

02:13

コメント

私には専門的な事は、よくわかりませんが、頑張って下さい。

投稿者:
Apr 13, 2009 11:07:20 PM

こんにちは。
手塚さんの文章に、癒されています。
最近、映画を映画館で見るよさが
やっとわかってきました。

投稿者:
バストアップサプリ 口コミ
Apr 15, 2009 2:25:15 PM

コメントを書く

コメント入力フォーム