Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

04/15/2009

EXHIBITION

いよいよ今週末から

『手塚治虫展』

はじまります。


江戸東京博物館です。

http://www.edo-tokyo-museum.or.jp


生誕80周年を記念する一大イベント。

ということで、2年ほど前から企画書もってまわって、

営業して、

やっとこうした形で実現にこぎつけました。

感無量、


といいたいところですが

しかし、最後はやっぱり時間がなくなって、

バタバタと準備しています。


展示はまだダメ出し中です。

とにかく今回の展覧会は手塚治虫の全体を網羅しようと、

作品だけじゃなく

手塚治虫の生い立ちから生涯も知ってもらうような欲張った展示です。


子供時代に描いたマンガや昆虫の細密画から、

自宅の仕事机や本人の医師免許までありったけ展示します。


絶筆の生原稿や、浦沢直樹さんの『PLUTO』原画も飾ります。


会場の音声ガイドも、
ぼくとアトムとブラック・ジャックでお届けします。


図録には宮崎駿さんの特別インタビューも載ります。

実は、

ぼくらが基本と思っている手塚治虫についての情報も、

意外と世間は知らなかったりします。


どれほど天才であったかも。

それを少しでも知ってもらうイベントです。


日本が世界に誇る、マンガとアニメの文化。


その原点でありながら同時に先端でもある手塚治虫を再確認してほしい。


そんな気持ちをこめています。


6月21日まで開催されていますから、

江戸へおでかけの際は、

ぜひお立ち寄りください。

17:22

コメント

手塚先生の昆虫の絵凄いです。記念館で見た時、まだ若い時に描いた絵なのに、こんなに上手いなんて!!とか思ってしまいました。

その絵を見て、私も昆虫の絵が描きたくなって、図鑑などに描かれている絵を模写しました。(本物を捕まえて描くのは無理だったので。)
かなり時間がかかったので、少ししか描けなかったけれども、手塚先生はじっくり時間をかけて描いているのが凄いです。

投稿者:
Apr 15, 2009 5:54:00 PM

初めまして。

いつも応援していますよ~。
お仕事頑張ってくださいね!

また遊びにきますね。

投稿者:
かな
Apr 17, 2009 1:42:55 PM

コメントを書く

コメント入力フォーム