Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

05/28/2009

LOCA

今週から来月にかけて


京都

東京

新潟


でロケ撮影があります。


ごく小規模ですが

すべて違う内容です。


ちいさなアート・ムービー

という感じです。

「ごく小規模」というのは、

スタッフ、出演者ふくめて5人から10人くらいをいいます。


ムービーの場合、どうしても人手がいりますから。


本当は1〜2人で できるといいのですけどね。


いずれにしても、現場は和やかでアットホームな感じです。

どの撮影も顔ぶれが違います。


馴染みの俳優を呼んだり、

好きなスタッフをチョイスすることもあれば、


現場で初めて顔を合わせる人もあります。

安心感、新鮮さ、

和みと緊張、

どちらも必要なんです。

地方を飛び回るときにはフットワークの軽さも大切です。

リーズナブルにするためにも。

地方で人材を探すコツは?


その土地の知り合いに連絡して

「誰かいない?」

と尋ねる。


人ヅテに紹介してもらえます。

一方で

インターナショナルな映画の企画といった

大きなスケールの仕事もいくつか抱えています。


実は高校生のときから

そんなやり方をしていました。


大きな規模の作品をやりながら

個人中心の小さな作品を作る。


これは

「映画監督」 と

「映画作家」 もしくは 「映像作家」

の 差 なんです。

実はそのふたつは、微妙に意味が違います。

「映画監督」は文字どおり、たくさんのスタッフや出演者のまとめ役で、

個人の表現ではなくて、
多くの人の考えや気持ちを合わせて整理して映画を作る。


「映画作家」は、むしろ個人の想いや考えを大切に具現化するのです。

同じ映像づくりでも、

考え方も姿勢も違うんです。

ぼくはどちらも好きなので

両方まとめて

「ヴィジュアリスト」
といっているのですが。

13:39

コメント

コメントを書く

コメント入力フォーム