Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

05/21/2009

INFO:

あす22日22時から、生放送で

J‐WAVE に出ます。


「RADIO×SPIDER」

って番組です。

最近は展覧会もやってますから

手塚治虫・息子ネタが多かったのですが


明日はひさびさに

「ヴィジュアリスト 手塚眞」

で 出ます。

まあ、同じ人間なんですが。

若いアーティストの人たちと話す番組なので

楽しみです。

今日も若い俳優や、映像関係者とずっと話してました。


人と話して、

人と仕事をするのが好きなんです。


だから映画監督なんですが。


自分の考えだけで何かやりたくないんです。


誤解されてますが


ぼくはアーティストではありませんね。


完全「個」の作品は

苦手です。

どんなに個性的に見えたとしても。

周囲や

世界との関係性が


一番、 大事なんです。

22:10

コメント

そのチャンネルがないので見れないのが残念です。

投稿者:
May 21, 2009 11:24:22 PM

昨日はどうもありがとうございました!!
フワッと嬉しい時間で、今もまだその“フワッ”が胸にあります。

>周囲や

>世界との関係性が

>一番、 大事なんです。

昨日聞かせて頂いた言葉、

「誰の存在でも、宇宙にとって何かしらの役割があり、宇宙のバランスを保つ1粒となっている」
(少し表現の仕方等が違うかもしれませんが、すみませんm(_ _)m)

たった一粒の私ではありますが、周囲との繋がりを大事に、そしてその繋がりの延長、目には見えない部分も含めて、何か善いエネルギーが広がっていくよう...本当にささやかな存在ではありますが、日々、そのように願いながら生きています。

『白痴』に出会ってからちょうど10年。
このタイミングで手塚さんにお会いでき、色々なお話を聞かせて頂いたこと、とても感謝しています。
ありがとうございました!!

投稿者:
繭子
May 23, 2009 7:37:53 PM

コメントを書く

コメント入力フォーム