Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

05/20/2009

SIDEWAYS

ジョン・フォックスがロビン・ガスリーとコラボレーションしたCDを出しました。


――恐ろしく限定された話題ですが。


つまりコクトー・ツインズの音でジョンが歌っているという

なんか不思議な、

でもやっぱり夢の中をたゆたうような耽美な世界で

はまりました。

最近、ジョンは積極的なリリースが続いていて、

ソロのプロジェクトによる 「MY LOST CITY」 や、

元ジャパン(!)のスティーブ・ジャンセンらと組んだ 「A SECRET LIFE」 は静謐なアンビエントだったり、


アート色がますます強く出ています。


そのジョンが少し前に出した限定プレミアCDに

『SIDEWAYS』
というアルバムがあって、


「世界は横道にそれてゆく」

という素晴らしい歌詞があります。


横道


というとなんだか無駄な、間違った方向で、
否定的に捉えられるのですが


ぼくは好きだし


大事だと想うんですね。

別のコトバでは


ALTERNATIVE


だと想うんです。

いわゆる

「オルタナ」。

主流に対して 脇道、


流行に対して、 まったく流行りでないモノ。

ぼくは若いときからずっと、

オルタナティブ

だったような気がします。


こだわりが。

マニアとか、オタクとはまた違うんです。


マニアやオタクは、微妙に流行に乗っているんです。


オルタナは、完全に流行や一般的嗜好からハズレている。

だいたい

「ヴィジュアリスト」

なんて肩書きがすでにそうでしょ。

当然、

ぼくの作る映画は、ずっとそうです。

ぼくは、世の中のすべてが一様になっていちゃいけない、

と想う人間です。

突然変異が生物の進化に欠かせないように、


いかに少数であれ、大勢と違うものが混ざっていなければ、


世界は終わってしまう。

問題は、

「正しく」オルタナであることで、

その見極めが難しいですね。


ただ他人と違うこと、
デタラメをすればいい、

ということではない。


そこに意味がなければいけないし、

その意味は理屈ではなくて、

しかし必然でなければならない。

どうすればそれが「正しい」なんてわかるか

って?

「正しく」見極めれば

「正しく」歩める。


すべてが味方してくれるように進むので、わかります。

周りと同じように考え、振る舞える、

だから「正しい」とはいえません。


存在として正しくあるには。

03:02

コメント

コメントを書く

コメント入力フォーム