Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

05/01/2009

OTSUKARESAMA

業界では、

朝でも 夜でも


「おはようございます」


の挨拶で始まります。


そして


「お疲れさまでした」

で終わる。

そのどちらの目的にも使える

「よろしくお願いします」

という挨拶もあります。

いかにも業界用語なんですが、


海外で仕事をするときに、

「おはようございます」

「よろしくお願いします」

「お疲れさまでした」

にぴったり代わる英語の表現がないので困ります。

単純に訳すれば

“Good Morning”

“Please Do Your Best”

“Thank You For Your Help”

とかでしょうが、

ニュアンスはだいぶ違う。

日本語の挨拶には相手に対する敬意と気遣いがこめられている。

と、同時に双方のカンケイが語られている。


「お疲れさま」

といえば、

「オレは疲れた」

ではなく、

「あなたもわたしもたくさん仕事をしましたね。さぞお疲れになったでしょう。ありがとうございました」

というだけの意味をこめています。


それを

「お疲れさま」

と一言でいえる。

便利です。

もうひとつ、日本語の挨拶には、

たくさんの感謝、

特に神様への敬意がこめられています。


神様といってまずければ、大自然といいましょうか、

宇宙といいましょうか。

たとえば

「いただきます」

「ごちそうさまでした」

は、


“料理を作ってくれたヒト”
“その場に集うみんな”
“農家の方や、食材を育てたり集めたりしたヒトたち”
“食材となってくれた動物や植物”
“それをもたらす自然”
“ヒトを生かしてくれているこの宇宙”

すべてに対する感謝の念がありますね。

これがキリスト教文化だと、

食前のお祈りで感謝するのは

神様オンリーでしょ。

日本て、面白いですよね。


なんか、


いいですね。

だから

業界用語かもしれないけど


「おはようございます」

「お疲れさま」


も、

なかなか捨てたものではない、

と思うんです。

00:10

コメント

はじめまして。
4/30にその話、いただきますと
ご馳走様の話をしたばかり。
殺生の上に、私達の生活は成り立っているので
子供達には残酷なんだけど、だからこそ
生きていけるのだと分かってほしい。
そんな話を同世代のスタッフと話しました。

日本の言葉って、つつましく奥ゆかしい中に
実は様々な意味が含まれていますね。

投稿者:
tomoko
May 1, 2009 1:16:21 AM

日本語っていろいろな表現のしかたがあるから大変だし、業界用語となるとなおさらで・・・

外国人からするときっと難解なんでしょうね・・・

投稿者:
夢有
May 2, 2009 4:10:36 PM

日本語はむずかしいね

投稿者:
mp4
May 4, 2009 2:50:45 PM

コメントを書く

コメント入力フォーム