Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

05/12/2009

10

新潟は 十日町市 松之山で

「坂口安吾まつり」

が開催されたので行ってきました。

松之山は安吾の姉が嫁いだ先で、安吾もよく訪れていた土地。


彼が過ごした家がいまは「大棟山美術博物館」として、一般に公開されていますが、

11年前にそこで映画『白痴』を撮影しました。


だからぼくにとっても松之山は思い出深い土地だし、


なによりそこは山の中で、

冬は大雪で道路が閉鎖されてしまう秘境ですが、

それだけ自然が豊かで、

どこを眺めても美しく「日本の景色」です。

安吾まつりでは

息子の綱男さんの愉しい思い出トークやら、

日本各地の安吾顕彰団体の話やら、

自然の中で千賀ゆう子さんによる安吾作品の朗読やら、

2日間にわたって様々な趣向がありましたが、


なにより

暖かい温泉につかり、

おいしい酒と山菜に舌鼓をうつ、

実に有意義な時間を過ごせました。

実はぼくには1/4 十日町の血 が流れています。

というのは、母方の祖父が十日町の出身だからです。


岡 田

という姓で、

十日町の人には馴染みの深い名前。


民選初の県知事が出た家であり、

五千円札に富士山が描かれていますが、

その元になった写真を撮った

岡田紅陽さんは親戚です。

その血のせいなんでしょうか、

ぼくは新潟をひいきにしています。


いや、ぼくがひいきにされているのかな。

今年はその『白痴』の公開から10年で

記念してイベントをしかけようと

新潟の若いヒトビトとミーティングしました。


『白痴』再上映はもちろんのこと、

8mm映画のパフォーマンス上映や

ギャラリーでの作品展示や即興制作、

トークショーやら地元アーティストとのコラボレーションなどなど、

盛りだくさんにプラン中。

新潟市では街をあげて

「水と土の芸術祭」

を7月からやります。


そこでもなにかをやろうと画策しているところです。

こういう素敵な悪だくみしているときが一番楽しいですね。


新潟方面の方はご期待ください。


変わったこと、

やります。

22:55

コメント

はじめまして。新潟市在住者です。
10年前は新潟に居なかったので『白痴』を拝見していません。再上映も素敵な悪だくみも期待しています。


投稿者:
若竹
May 15, 2009 11:08:53 PM

大変、ご無沙汰しております。
何の因果か、偶然このページにたどりつきました。
当時、新潟ロケでお世話になったハリケーン子役(笑)を憶えていらっしゃいますか?
もう10年、経つんですね。
そういえば、雄大も14歳になってます。
新潟でのイベント、スゴク気なりますが、今は千葉県在住なので、陰ながらご成功を祈っています。

投稿者:
Yudai-Mama
May 22, 2009 5:25:55 PM

コメントを書く

コメント入力フォーム