Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

06/13/2009

TADPOLES

チャールズ・フォート(1874-1932)

という学者がいて、


彼は一生「幻象」を研究していました。


幻象というのは

石の中のカエルとか、

なぞの飛行物体とか、

ふつうあり得ない、

説明できない出来事。

石川県でオタマジャクシの雨が降ったようですが、

フォートの著作には似た話が山ほど紹介されています。


カエルの雨、魚が降った話… 。

いまに始まったことではなく、

海外では昔から知られている現象です。


古くは1世紀のローマでも記録されています。


いや日本でも、昔から知られた現象で


江戸時代にはお札も降りましたね。

この現象は映画でも取り上げられていて

リュック・ベッソン監督のデビュー作『最後の戦い』では魚が降っていたし


近年の『マグノリア』ではクライマックスにカエルが降ってくる。

これは、幾世紀たっても原因も理由もわからないところが痛快です。

いたずら説、竜巻説、鳥の仕業説がありますが

どれも説得力に欠けますね。


なにしろ

オタマジャクシだけ

が100匹以上も降ったのですから。


いたずらにしては無意味にタイヘンすぎるし(なにしろ飛行機が必要です)

オタマジャクシのみを選んで上手に吸い上げる竜巻なんて聞いたこともなく、

鳥が餌で食べたにしても、100匹以上も消化せずに空で吐き出してみせる芸当をするのか?

フォートはとんでもない説を提唱していて、

それは自然のテレポート説。

自然の中で物体が別の場所に移る。


カエルやオタマジャクシが、あり得ない空中に移動したと。


かなり無理のある説です。


ちなみにぼくが以前書いた小説では

「子供の指」

が数百本降ります。


石川県のオタマジャクシは、きちんと学術的に研究されるのでしょうか。

それとも、無意味なことと片づけられるのでしょうか。

15:50

コメント

手塚眞人さん、つまり、まこっちゃん
この前、17年ぶりに、東京へでました。
4月の連休前です。富山で、ほたるいかのついでに、信越線ですか、大阪からみて、斜めから、東京へ。

東京では、渋谷には、東横線で、乗り換えで、おりただけでした。東京の街をすいすいゆくので、とても、だれもが、道にこまる経験がないような、そうゆう目でみられていたようなきがします。東京は、結構、地方の人間が、やはりおおいですから。ちなみに、欧米外人は、あまり、道をきかず、すいすい、いってるきもします。準備のさでしょうね。

 眞人さんの初期の作品が、みたいとおもってます。イミダスの何年でしたか、1984年か、93年版に、説明としてのっていたオカルトでなく、イルミネーションでなく、キーワードが、度忘れして、でてきません。
 タツヤにもないでしょうし、インターネットで探すと、あるでしょうか。コメントバックで、メール返事があればなあ、いいですがなぁ。まこっちゃん。

投稿者:
東本 やすしさん
Jun 16, 2009 2:17:30 PM

コメントを書く

コメント入力フォーム