Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

06/09/2009

DRIVE FOR LOCATION

京都いったかと思えば


東京で撮影し


かと思えば


新潟で撮影し

かと思えば

映画や映像の学校で講義やらミーティングやら。

映像ヅケの日々で本望なのですが。


新潟は、

今月に別途撮影するCMの打ち合わせとロケハンも兼ねてました。


ロケハン

とは撮影場所を探すことですが

小さな作品の場合は

原則自分で探して

自分で段取ります。


それが地方となれば

なおさらひとり旅になる。

新潟市から海岸沿いに車で南下して、

100キロほど走りましたか。


その足で東京まで戻ったから

都合400キロ以上走ったのでしょうか。


さすがに疲れた。


前の日も合わせると


2日で800キロ近く走ってます。


ひとりでよく走ります。


車に撮影機材を積んでひとり旅、


というのは


若い頃よくやりましたが


いまでもたまにやります。

なんか、急に出会ったり見つけたりしたものを撮って、

ストックしとくのです。


そのうち何かに使おうと。

途中の見ず知らずの土地で食堂を見つけて

お昼を食べたり。


(ここは撮影の時も昼ご飯が食べられるかな)

なんて考えながら。

ところで最近は、お陽さまがずっと味方してくれます。


というより、

着いてきてくれます。


曇り空の中、


どこまで行っても太陽が雲間から顔を出していて、

ぼくの周囲だけ晴れにしてくれています。

ありがたいことです。

01:55

コメント

私の地元では台風の季節になると雨がよく降るので、手塚さんが来てくれると嬉しいです。晴れるから(笑)

投稿者:
Jun 9, 2009 8:52:07 AM

手塚眞様

先日「手塚治虫文化賞」贈呈式の会場でお姿を拝見させて頂きました。
また、その際のスピーチも興味深く聞かせて頂きました。

その時の感想(めいたもの)をblog「ほん☆たす」に書いてみましたので、お時間があればお立ち寄り下さい。
http://hontasu.blog49.fc2.com/blog-entry-219.html

投稿者:
夏の雨
Jun 9, 2009 10:37:50 AM

コメントを書く

コメント入力フォーム