Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

06/02/2009

TUNE‐UP

撮影のための

打ち合わせがあります。


出演者を個人的な知り合いに頼んでいるので

事務所もマネージャーも介さず

ぼくが直接連絡を取って会います。


よくやることなんですが。

今回、相手は日本語が話せない外国の方。

こちらの英語はカタコト。


まるで海外旅行のような打ち合わせです。

それでも図版やら資料を見せて説明すれば、なんとかなるものです。

こういうとき、

少しでも絵が描けるというのは便利ですね。


絵 は 世界共通言語ですからね。


ところで


「打ち合わせ」


というのも、

ユニークな日本のことばです。

もともとは、雅楽や古典邦楽の用語ですね。

本曲演奏の前に、打楽器や笛などの音や調子を合わすため、

文字どおり 鼓を「打ち合わせる」 わけです。

そのまま英語にすれば

「tuning」(チューニング)

ですね。

もちろん「打ち合わせ」を「tuning」とは訳さない。

だから「打ち合わせ」は、

「何をやるか」説明するだけではなく、


「どんな感じか」調子を合わせる

ことなんですね。

説明だけなら資料を送れば十分。


でも、相手に直接会って、


人間同士の


「気」


てものがありますから、


その「気」を合わせる必要があるのです。

相手を安心させることにもなるし、

新たなアイデアが生まれたり、

モチベーションの高まりにもなる。


よく

会食しながら打ち合わせ

てことがあるのですが

クリエイティブな仕事などでは

意外と効果的だったりします。

飲みながらの打ち合わせ、


不謹慎に聞こえますが


大事なんです。


もっとも

酔っぱらってチューニングが狂ったら、

ちょっとまずいのですが。

14:23

コメント

初めましてこんにちは、今日福岡でやってたイメージフォーラムで手塚さんの作品を見ました。
正直言ってよく分かりませんでした><
なにか全てがぼんやりしてて、映像は綺麗でした。
酔っ払ってフラフラになってる時の頭の中って感じですかね。
おそらく僕は初めてこのイメージフォーラムでいわゆる実験映画という物を見たのですがこういう物は映画館で映し出されるよりも、山とか崖とか高速道路の下とかで映すのがすごい面白いんじゃないかなと思いました。

投稿者:
ILL
Jun 6, 2009 12:42:01 AM

撮影頑張って下さい!!

後この日記に関係のない話ですが、最近、手塚治虫関連の夢を見ました。しかも何度も見たことあるのです。まず最初見た夢はブラック・ジャックの絵が出てきました。色を塗っている最中で、顔の部分だけ塗っている夢をみました。次の夢では自分が手塚治虫記念館に行きたいと言う事で記念館に行った夢を見ました。しかし場所は記念館ではありませんでした。でも中にあるのは手塚治虫先生の物らしき展示物。そこで楽しくしていました。

この夢がいちばん多いです。

夢って不思議です。
あ、眞さんも夢に出てきた事もありましたよ。

投稿者:
Jun 8, 2009 10:28:53 AM

コメントを書く

コメント入力フォーム