Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

06/26/2009

RYUJIN

新潟市内から車で40分ほどの郊外。


山と海に囲まれた自然の中での撮影。


前日に現場下見も万端です。

夜明けとともに撮影を始めたいというカメラマンの希望で


準備の時間も考えて


午前2時集合。

ひさびさに早い、


というより早すぎ。

暗い中でスタッフみんな集合して

現地に着くと、


な、


なんと ドシャ降りの雨が!

ハンパなく、

道は川になり、崖から滝になって流れ落ちている。

晴れ男、晴れ女がそろっているはずなのに、


そんなバカな。


朝までに止むだろう、

と現場待機しましたが、


午前6時になっても雨足は弱まらず。


眠いし、気温も低くて寒い。

さすがのぼくもメゲてきました。

現場は携帯もつながらない郊外。

あたりは店どころか人家もない。

誰も口をききませんが、


「監督どうしますか?」


という無言のプレッシャーが襲ってきます。

このまま待つのか、


中止にして帰るのか。

プロデューサー(と現場制作)も兼ねているので、

なにか決定しなければなりません。

延期したとして、翌日が晴れる保証はない。


東京から呼んだスタッフは明日までしかいられない。


なにも撮れなかったとしても、

経費はかさむ、

締め切りは迫る。

さあ、どうする!


とりあえず現場でしょげていてもしょうがないので、


隣の浜の民宿をみつけ、

そこへスタッフは一時的に避難、待機。

せめて昼までは待ってみよう。

と覚悟をきめていたらば、


少し雨が弱まった。


すかさず、撮影の藤井さんが

「8時に撮影開始!」

と判断。


少しの雨なら撮影する覚悟。

そこで出演者もメイクを済ませ、

ぴったり8時にカメラの前に立つと

奇跡が起きました。


女神に扮したモデルの民谷さんの背後から、

青空が広がってゆくではありませんか。

そして1時間のうちにすっかり晴天となり、


以降、1日中、


雲ひとつない大快晴になりました。

喜んだスタッフたちは一丸となって大張り切り、


するすると現場は進行し、


予定通りに撮影はすべて無事終了。

ハレルヤ!


撮影が済んだ夕方の空に、

まるで龍のような雲が

フワッ

と現れて、


山の彼方に飛んで行きました。


そうだ、


新潟は龍神の土地。


雨を操るのも龍神の力。

あの大雨は龍神さまのいたずらではなく、


恵みの雨であったことでしょう。


このところ、

雨がちな天気の中で、

いつも晴らしていましたが、


今回は壮絶でした。

ドシャ降りから一転、
晴天なのですから。


この映像は

7月に新潟のテレビなどで見られます。

03:07

コメント

大変でしたね。映像が見れる新潟の皆さんいいなぁ。

投稿者:
Jun 26, 2009 6:59:14 PM

コメントを書く

コメント入力フォーム