Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

07/22/2009

KAKEROMA

カケロマ島へ行きました。


加計呂麻とかく。


大島からフェリーでおよそ20分。


奄美の中でも秘境のようなところです。

迷路のような細くくねった道が抜ける古い村落と、

あとは自然、自然。

浜の美しさも絶品。

ここでも土地を守るのはガジュマルの樹。


村々の入り口にはランドマークのように古くて大きなガジュマルの樹が1本あって、

どの村、ということを主張している。

そこは村の人たちの憩いの場所であり、

集会の場所でもある。


いにしえの人々は、

力のある樹を中心に居住を考えたのではないか


と思わせる名残がいまもあります。

ガジュマルの樹は特別なエネルギーを持っている。


それはやさしく、暖かなパワーだ。

こちらの伝説に、

ガジュマルの樹に棲むコビト族の話がある。


沖縄のキジムナーと同じものだ。


彼らはガジュマルのパワーをわかっていて、

そこに棲んだ。


樹に守ってもらっていた。

ぼくはキジムナーというのは、

妖怪でも比喩でもなく、


かつてそこに本当に棲んでいた、

前の時代の民族のことではないかと想う。

そしてそれは北海道のコロボックルとも同じだ。


アイヌは先住民だといわれ、

縄文人ともつながるとみられているが


コロボックルだのキジムナーは

そのさらに先住民で、

新しい部族に追われて住処を奪われた。

あるものはフキの茂みに逃げ込み、

あるものはガジュマルの樹の上に隠れた。

彼らは誰なのだろう。

彼らを覚えているのはガジュマルの樹だけだ。


古い村のガジュマルを眺めていたら、

いつのまにか背後にひとりの老人が立っていた。

村の人なのだろうか。


彼はガジュマルとデイゴの樹について

土地のことばで何か語りかけてくれた。

しかし、この老人は実在したのだろうか。

まるで違う次元をのぞいたような場所なのだった。

01:26

コメント

コメントを書く

コメント入力フォーム