Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

07/09/2009

WHITE

講演などで質疑応答の際に

「その白髪は染めているんですか?」

と聞かれるのですが


もちろん自然にこうなったわけではありません。

正確にいえば

「染めて」いるのではなく

「色を抜いて」います。


月に1回程度、サロンで白く抜きます。


もう10年以上も続けてます。

専門用語で 「ブリーチ」 というようです。

多少ご存知の方には

「そこまで白く抜いて、痛くないですか」

といわれます。


色を抜くための薬の刺激が強いためです。


実際、痛さに耐えきれず、脱色を断念するヒトも多いようです。


特に、男性は苦手みたい。

ところが、ぼくは平気。

痛くもかゆくもない。


肌は弱いはずなのに、


手塚眞の七不思議のひとつです。


なぜ白くしたのですか?

と聞かれますが


最初は部分的なメッシュでした。


10年前、映画『白痴』の撮影を始めるときに、

験(ゲン)をかついで


『白痴』だから白くしよう、

と思いきって色を抜きました。


すると気持ちが軽くなって、なんか生きるのが楽になった。

自分の外見的アイデンティティーにもなったし、


友だちからも

「やっと中身と外見がつりあったね」

といわれたので、


以来ずっと、この髪でいます。

いきつけのサロンはとても巧くて、

髪や地肌をケアしながら色を抜いてくれる。


おかげで髪をさほど痛めることなく


かなり白くできる。


人混みでも見つけやすいというメリットもありますが


目立っちゃうので

悪いことはできませんね。

18:52

コメント

手塚さんのヘアスタイルは素敵だと思ってたら1ヶ月に一回の手入れで保たれてたのですねsign03白痴を映画館でみたので懐かしいと思い書き込みました。

投稿者:
ますみ
Jul 11, 2009 11:06:25 PM

バンパイヤの再映像化を昔の実写版バンパイヤDVDとマンガを見ながら待ってます
ワンダースリーのリメイクも観たいです

投稿者:
しんじ
Jul 27, 2009 11:04:47 PM

コメントを書く

コメント入力フォーム