Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

07/03/2009

FAREWELL 80

ピナ・バウシュさんが鬼門にはいってしまいました。


なんだか、

自分の中の80年代が終わった感じがします。

最初の日本公演は、本当に衝撃的で


ぼくは彼女の影響を多分に受けました。

誤解と偏りを承知で


彼女の中に“ヨーロッパ”を見ていました。


ジョン・フォックスのアルバム「ザ・ガーデン」と等しく。

ピナのタンツテアターとタデウシュ・カントールが、

ぼくの中のダンスと演劇の概念を変えた。

彼らを継ぐ人たちがいまいるのか、わかりませんが


彼らのおこなったことは誰にも真似できないでしょう。

M.ジャクソン、ファラ・フォーセット・Mが時代のイコンだとしたら


ピナやローリー・アンダーソンは

ぼくの永遠のアイドルかもしれません。


そして

自分の中の神話でもあり

― もっともぼくに影響を与えたアーティストである ―

ジョン・フォックスさんから展覧会の参加のお誘いを受けました。


7月27日から5日間、

ロンドンのギャラリーに映像作品を出品します。


ジョンに影響を受けたアーティスト、クリエイター、映像作家たちが参加する

DNA

という展覧会です。


http://www.arthertz.com/


そのための新作映像をいま作っています。

これから踏み込む新しい神話のために。

01:10

コメント

ピナは本当に残念でした。
一度も生で見たことなかったのですよね。。
今から後悔してももう遅い。。。

新しい神話、見届けたいと思います。

で、
鬼門にはいるではなく
鬼籍に入る(いる)ですよ〜。

投稿者:
poeco
Jul 3, 2009 10:10:34 AM

お忙しい中すみません。

質問なんですが、手塚治虫先生の作品、うろこが崎ってあるんですが、場所設定が南紀州と書いてありました。正確に南紀州のどこなんでしょう?私は紀州出身なので知りたいです。

ご存知なら教えていただきたいです。

そもそも手塚治虫先生は紀州に来た事があるんでしょうか?

投稿者:
Jul 6, 2009 12:54:10 PM

コメントを書く

コメント入力フォーム