Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

07/31/2009

GARY

JOHNのマネージャーのスティーブに、

「ギャリー・ニューマンのライブあるけど、行く?」

と誘われたのだけど、

えっ、

ギャリー って、


ゲイリー・ニューマン!?


思わず

「まだやってたの!?」

と言いそうになりましたが


80年代の彼を知っていれば、その気持ちわかるでしょう。


ところがなんと、


まだやっていたどころか


大きなホールは熱狂的な観客で埋まっている。

しかも。

登場したギャリーはハードロックバンドを率いて

ギターをかきならし、

ヘッドバンギングしながら力強く熱唱しているではありませんか。

ええっ


あのギャリーが!?

ジョンのバンド、ULTRAVOXに憧れて音楽を始め、

テクノポップの権化のような音で、

アンドロイドのように歌っていたギャリーは、


20歳そこそこでポップスターとなって


日本でもけっこう売れたはず。


聞くと15年くらい前から今のスタイルに変えて、

少し前には ナイン・インチ・ネイルズと共演したらしい。


ほんものだ。

しかも、

曲は80年代のままだった・・・。


楽屋で会ったギャリーは、かわいい娘を愛撫する51歳のパパで、

でも相変わらず眼の周りは黒く塗っていた・・・。

挨拶したぼくのことを、YMOの誰かと間違えたらしい。


(誰?)


ジョンは彼のことを

「テクノに戻るべきだと言っているのだけど」

といっていたけど、

ぼくはいまのギャリーはこれはこれで、

自然でいいと想った。

意外とハードロックが似合うのだった。

なにより、

そうして続けていることが立派だと想った。

ライブの少し離れた席には、

どうやら アダム・アント も来ていたらしい。

80年代から今日までが一瞬のようで


夢の中のような


フシギな気分なのだった。

03:27

コメント

「父」手塚治虫の素顔、やっと買う事ができました。地元が田舎なのでなかなか手塚さんの本がなくて。市内の方に行くとありました。さっそく読んでみます。小さい頃の手塚さん可愛いですね。手塚さんと顔をあわしている写真が印象に残りました。

あと、近くの古本屋に行ったら、手塚さんの本、ブラックモーメントがありましたよ。

投稿者:
Aug 1, 2009 11:08:44 PM

コメントを書く

コメント入力フォーム