Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

07/22/2009

NISSHOKU 2

上やや右の方向から

じわじわと欠け出した太陽。


すこしずつあたりは暗くなってゆきます。

町から離れているので聞こえているのは波の音 だけ。

神秘的で荘厳な時間。

次第に三日月のようになるお陽さま。

海の潮がひいてゆき、


あたりが夕方のように暗くなってきたな、

と想ったら


ふっ


と太陽が消えた。

でも真っ暗ではない。


黄昏の薄明とも違う、


不思議な光に包まれた景観だ。

天は暗く、水平線あたりにほんのりと光芒がある。


ほんの数分で

太陽は戻り


あたりはまた明るくなった。


残念ながらコロナは見られなかったけど


あの瞬間


あの夢の中のような景色は

おそらく一生の記憶に残るのでしょう。

いや、もしかしたらDNAの中の記憶として。

16:06

コメント

(7年間使ってきたHNを日食の日に変えてみました。別の人になったかんじでしっくりこないのですが、面白い気分です)


すごーく、素敵な皆既日食を体験されてとってもうらやましいです。テレビでやってた騒がしさとは全く別物ですねー。
私は病院の受付当番だったので、直接見ることはできませんでしたが(他の部署の人はレントゲンのフィルムのきれっぱしを手に病院の外にでて見てる人もいましたが・・っていうかそれで目は大丈夫だったのだろうか?)眞さんのブログを見て、素敵な雰囲気を味わわせて頂きマス~。

投稿者:
ラマナ(ナツロウ改め)
Jul 31, 2009 7:45:23 AM

コメントを書く

コメント入力フォーム