Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

08/26/2009

HOLLYWOOD

ロスから帰ってきた

と思うと

今日は大阪で


来週は新潟。

まるで営業のように

本当に行ったり来たりの夏です。

時差もあるので疲れます。


しかも少し風邪をひきました。


気候の違う場所を行き来しましたからね。


ただの鼻風邪だったのでもう治りましたが。

ところで

ひさしぶりにハリウッドの目抜き通りを歩いたのですが

相変わらず観光客でにぎわってはいますが

なんだかちょっと寂しい


というのは、


全盛期をすぎた街


という雰囲気に満ちているのですね。

ちょっと京都みたいな感じ。


過去の都の名残りで保っているような。

ぼくらが憧れていたハリウッドは、

70年代まで。


『スターウォーズ』が登場して

大人のサロンだったハリウッドは

遊園地になった。

その1977年に

ぼくはここで『スターウォーズ』を観て

『未知との遭遇』を観て


いずれここで映画を撮る日が来るだろうか


と夢みていた。

子供の頃、一番行きたかった土地、

それがハリウッド。

いつか大人になり、


いま行きたい土地と尋ねられれば

それはロンドンだったり

ヨーロッパだ。


「当然の感覚ですよ」

ハリウッドで映画ジャーナリストをやっている未来くんはそう言った。

(彼はぼくの血縁なのだ)


いまのハリウッドは、子供用の映画ばかりだ。


かつて世界を魅了していたような、

完全な大人向けの大作映画がほとんど作られていない。


ぼくが好きだったのは、

背伸びをしてみるような大人の映画だったのに。


ところがこうしてハリウッドにきている自分に気づく。

ここで映画を撮りたい

とは、もう思っていない。

だけど、ここに映画の仕事で訪れることになるのだろう。


これからも。


ぼくがバイブルとするリチャード・マティソンの小説

『地獄の家』

にこんな台詞がある。


「わたしハリウッドを恐れたりしなかったし……そこから逃げたんでもないわ。あそこには何も恐れることなんてないんですもの。あそこは場所と企業、それだけよ」(フロレンス・タナー)

01:32

コメント

最近、日本は異常気象で気温が低い日が続くみたいです。
あ、でも後少しで終わるみたいですけど。新型インフルエンザも流行しているので気をつけて下さい。

投稿者:
Aug 26, 2009 9:50:11 AM

コメントを書く

コメント入力フォーム