Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

08/02/2009

AVEBURY

仕事の合間をぬって

ロンドンから電車とバスを乗り継いで


約2時間。

エイブベリーを訪れました。

ここは ストーンヘンジについで有名な巨石の遺跡があります。

というより、

地域一体がそのまま遺跡の中。

様々な時代にいろいろなモニュメントが作られて

そのあとが点在しています。


すべて見る時間はなかったのですが

丘に並ぶ石のアベニューは廃墟といえども美しい。


中でもスゴイのは シルベリーヒル という数十メートルの巨大な人工の山で、

ピラミッドのようでもあり、

事実、エジプトのピラミッドと同じ頃に作られたらしい。

円錐型で、

『未知との遭遇』に出てきたデビルタワーのように

てっぺんが平らになっている。

近づくと急に頭痛がして、身体がフワフワと浮くように感じてきた。

かなり強いエネルギーか、なにかパワーがそこにあるようだ。


スピリチュアル系の観光客が集まって、

山に向かって手を広げ、

ヒーリングしているし。


しかし、

エイブベリーで一番驚いたのは、


ここの名産がミステリーサークルだったこと。

地元では「クロップサークル」と呼ばれる。


畑のどまんなかに、草をなぎ倒すようにして幾何学模様の大きなサークルが描かれる。

誰がなんのためにしているのか謎といわれている。


宇宙人説もあって、そんな映画もあったっけ。

エイブベリーの人々はそれを観光資源にしていて、

サークルの絵はがきや写真集、カレンダーなどが売られている。

それらを見ると、日本にはなかなか情報が入らない

とんでもない模様のミステリーサークルがたくさん写っている。


単純に見ていてきれいなものもたくさんある。

しかも、

それは滅多に見られない珍しい現象などではなく、

当たり前のようによく発見されているのだ。


町のガイドセンターには、

「最近見つかったサークル」

のリストと写真がファイルされていて、


ほんの数日前に発見されたものもいくつか載っていた。

ひと月に4〜5箇はみつかるそうな。


そんなに!?


もちろん自然現象ではない


というのは、

あまりにも具体的なデザインを見れば明らかで、


ナスカの地上絵のように鳥や昆虫が描かれているものもある。

地元でタクシーに乗ったら、

女性の運転手さんは親切にも、最近できたてのクロップサークルに案内してくれた。

「もちろん、人がつくっているのよ」


彼女がいうには、


「去年、優秀なデザイナーが亡くなってね。 だから今年のサークルはいまイチよ」

とのことだった。

サークル制作グループが多数実在するのは本当のようだけど


すべてが彼らの手になるのか、不明。


何百年も前から記録されている現象なだけに。


あと、エイブベリーには丘に描かれた白い馬の遺跡が点在している。

とにかく不思議なものがたくさんある

すてきな土地。

ここを訪れて正解だった


というのは


確実に次のプロジェクトに大事な情報を

直接身体で得ることができたからだ。


すべてがつながってゆく。

あるところに向かって。

03:12

コメント

コメントを書く

コメント入力フォーム