Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

08/06/2009

ABOUT KAORI

はじめて会ったとき・・・・。


カオリさんはうつむいてひたすら煙草をふかしていた


‐‐‐そう、シャイな彼女がいつもそうするように。

それは映画『白痴』のオーディションで、

ぼくは女性誌に載っていた、髪を青く染めていつもよりフェミニンな彼女を見て、

スタッフに彼女を事務所まで呼んでもらった。

浅野忠信くんの相手役を探していたのだ。


彼女は事前に台本を読んで、それが自分の役じゃないと思ったようだったが、

内容に興味があったのでわざわざ会いに来てくれた。

会った瞬間、ぼくも探しているのは彼女ではないな、
と直感でわかったので、

正直にそう言ってしまった。


ことば少なげな彼女は、うつむいたまま

「この映画いつから企画しているの?」

と尋ねてきたので、


ぼくは

「10年ほど前」

と答えた。


その途端、

彼女は パッ と顔をあげて、

はじめてぼくの眼をまっすぐ見て、

「ねえ、役に選ばなくていいから、あたしを撮影現場に呼んで」

と言った。


「掃除でもなんでもやるから、現場に行きたいんだけど」

まさか川村カオリに掃除をやらせるわけにいくまい。

「じゃあ、あなたのために特別に役を作るから、出演してもらえます?」

「… いつまでに役を作ってくれる?」

「ええと、1週間後」

「1週間ね」

そうしてぴったり1週間後、
彼女は携帯に電話してきた。

「役、できた?」

ちいさな役だったけど、それで撮影現場で会えた。


何度か会っているうちに

(何度かモトアキも一緒にきたから、彼も1カット出演している)


次は彼女がちゃんとした役をやれる映画を作ろう、


そんな風に想った。

だから

『ブラックキス』は企画の最初から彼女をイメージして脚本を書いた。


そして同じく『白痴』に出ていた橋本麗香、松岡俊介ともイメージ・キャストで選んでいた。


なかなか企画が実現せずに時間がたって、

ある日、彼女から会いたいと連絡がきて、

実は子供ができたので出演が不安だといわれた。


「監督さえよければ腹ボテでも出るけど」

「まさか、いいよ。無理したらお腹の子供によくないよ」


といいながら、

これで彼女主演はもう無理か

と悔しい気持ちになった。

しかし、ぼくは過去に似たようなことが何度かあったので、


待とう、


と思った。


待っているうちに


ルチアちゃんが生まれ、

映画の制作準備もやっと整ったので、

ライブハウスで会った機会に

もう一度、出演をお願いした。

『ブラックキス』はなんといっても主演だったから

彼女のオフィスで個人レッスンもやったっけ。


アクション場面もあったから、

いろいろ特訓してもらった。

撮影中はスケジュールがキツかったけど、

ぼくはカオリちゃんの顔をみていたら

やりきれた。


もちろん、その後も何度も会っているのだけど、


3回目の出演以来は、

彼女が最初の手術から回復したころで、


ごくプライベートな映画作品。


「こんど、吸血鬼の役やらない?」

ぼくは本当は、長編の吸血鬼映画を考えていた。


その前に、予告というか、ほんのサワリに、
短編に出てもらった。

たった1日だけの撮影。

それが、ぼくの作品に出た、彼女のラストになってしまった。

『2006』

という題名のこの8mm映画は

DVDにはなっていないので

残念ながら見る機会は少ないかもしれない。


「『ブラックキス』の続編もやろうね」


いつか彼女にそう言った。


彼女は笑っていたかもしれない。

ぼくの中で

彼女はずっと笑顔のままだ。


なんて励みになる笑顔なのだろう。

いろいろな思い出の中で


この笑顔がなんといっても一番だ。

03:29

コメント

また新しいカオリさんを発見しました。
ありがとうございます。
手塚さんのロンドンのお話は少しびっくりしましたが、、今お元気のようで安心しました~!!

投稿者:
ますみ
Aug 12, 2009 10:51:36 PM

コメントを書く

コメント入力フォーム