Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

08/09/2009

FRIENDS

1日でギャラリーやライブハウスに友達を訪ね歩く。

恒松正敏さんの個展が渋谷で開かれていた。

ギャラリーに入るとここでもジョン・フォックスの音楽が流れていてびっくり。


「彼の展覧会に行ってきたよ」

と言ったら、恒松さんも驚いていたけれど。


なんといっても恒松さんは元フリクション。


ミュージシャンと画家の二股をかけているところはジョンと似ている。

今回は映画『ハゲタカ』に使われた絵と、

墨絵の魚や小動物たち。

恒松さんは『白痴』でたくさんの美術を描いてくれましたが、

『ハゲタカ』の主演、大森南朋さんも、

実は『白痴』の出演者。


その偶然にも驚いていた。

もうひとつの偶然は、
その日が恒松さんの誕生日だったこと。


しかも、たまたま同時に訪れていた画家の奥山忠さんは、

ぼくと同じ誕生日だった…


次は新宿の写真ギャラリーに、采女美和さんの個展を覗く。


采女さんは数年前に飲み屋で知り合った若き写真家。

フツウでいてユニークな、彼女にしか撮れない写真の数々。

なにげなくオープニング・パーティに顔を出していたら、

まったく関係なく最近知り合ったダンサーの女性がそこにいて、声をかけられる。

采女さんの知り合いだった。


これもフシギな偶然の結びつきでした。

その足で、

PIT INNに、

友人のバンド、 GuliettaMachine のライブを見る。

ギターの大津真さんは元サンセット・キッズというニューウェーブバンドをやっていて、

やはり「80年代」のヒト。


ときどき、ぼくのアート作品に音楽を提供してくれている。

ピアノのえとうなおこさんは、

モデルや出演者として作品に関わってもらう方が多かった。


大原まり子さんの『吸血鬼エフェメラ』という小説の文庫の表紙をデザインしたとき、

そこでもモデルになってもらっています。


もっとも彼女はモデルでも女優でもないのですが。


この日のゲストは、

最近『ウルトラミラクルラブストーリー』という映画のサントラを手がけた

大友良英さんと、

歌手の Phewさん。


Phewさんも長い知り合いですが、

やはり伝説の歌手といわれていた。


何年たっても少しも変わらないけど。

最近はネット販売の店をやっている。

http://www.bereket.info

そういえば

彼女の(伝説の)名アルバム『Phew』はプロデュースが故 コニー・プランクだった。

コニー・プランクといえば、

ジョンのULTRAVOXのアルバムのプロデュースもしていたっけ。


無理矢理、話を輪にしてみました。

01:33

コメント

コメントを書く

コメント入力フォーム