Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

08/29/2009

GLOBAL

今年はブログを日記にせず

エッセイ風にしよう

と決めていたのですが

ふと気づくと日記のようになっている。

しまった。

毎日いろいろあるので、つい引きずられます。


本当はここに書ききれないくらい、いろいろなことがあるんです。


まあ、様々な事情で書けないことが多いから、

それで日記は断念していたのですけどね。


このところ

グローバルということを考えています。


インターナショナルとグローバルはどう違うか。

たとえば日本のマンガが世界で読まれる。


これはマンガがインターナショナルなものになりつつある

ということです。


もっとも、

世界で誰もが日本のマンガを読んでいるわけではなくて

若い人や、知識層の一部にすぎませんが。

ところが

日本のマンガや物語が

海外で映画や番組になる。

するとそこには

日本の考え方をベースにしながら

世界のあらゆる民族と文化がないまぜになる。


それが世界で楽しまれる。


そうなると

これはグローバルなコンテンツになるということです。


エキゾチズムではなく

世界基準。

寿司は

少し前まで日本のエキゾチズムの代表として

インターナショナルに流行っていました。


いま、

寿司は世界基準の食べ物になりつつあります。


カレーやパスタが世界基準になったように、

あるいはハンバーガーのように。

すると世界のどこでも似たような文化になってしまって

地域の特性が生かせず

味気なくなるのではないか

と懸念されます。

だからこそ

きちんとした文化

意義のあるものを伝播させたい。

歴史に裏打ちされた日本の精神を


実はそれは、はるか昔に伝播された

グローバルな人間精神だったりしますが


それがせめて生活の中に残存している日本から未来にむけて

伝播させられないかと。

いたずらな経済観念だけで

コンテンツを輸出するのではなく。

11:26

コメント

私が手塚ファンに目覚めたのはほんの数年前です。それは手塚作品の『ブラック・ジャック』。2004年から?だったかな。アニメでブラック・ジャックに惹かれました。本屋に行くと漫画もズラズラと並んでましたし、ハマりだしたら毎日読んだら買いに行くと言う日々でした。私の中で何かが目覚めたようでした。


手塚さんのおかげです。ありがとう。

投稿者:
Aug 29, 2009 10:49:28 PM

手塚治虫は最初殺人鬼だと思っていたけれど、本当のことを知っていたと言うよりそれに気づいた本物の天才だった

マンガにして教えていた

投稿者:
超自然
Sep 1, 2009 6:15:07 PM

ビタミンが効いたのかもしれない

投稿者:
超自然
Sep 1, 2009 9:51:13 PM

コメントを書く

コメント入力フォーム