Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

09/10/2009

PHENOMENA

箱根に行ったついでに

富士山をまわって

河口湖で夕食したのだけど


(あれ、 新潟にいたんじゃなかったの?)


入った店は一応フレンチ・レストランなんだけど

店内にかかっていた


イージー・リスニング

が、あまりにすごいアレンジで、


もう味どころじゃなかった。

映画音楽からヒット・ポップスまで、

幅広く取り上げているのは王道なのだけれど、

まるで悪意あるかのように

どの曲も隙なくどんくさいオーケストラ・アレンジが

お見事というほかなく、


このオーケストラの手にかかれば、いかなる名曲もたちまち珍曲に早変わりしてしまう。

誰のCDなのか聞かなかったけれど、

感じからすると

「101オーケストラ」あたりじゃないかな。


違ったらゴメンなさい。


おそるべし、 イージー・リスニング。


ああ、新潟の話の続きだっけ。

念のためにいうと、

ぼくはオバケとか幽霊とか、まったく見たことがない。


少なくとも、意識的には。


そこで、越前浜で目撃したものについて
冷静に分析してみると


1.夢かまぼろしだった。


てことにしたいのだけれど、あいにく撮影の仕事中で

しっかり覚醒していたし

自分仕切りだから気も張っていて

ぼんやりしてるどころじゃなかった。


2.寝ぼけていて何かをヒトと見間違えた。

だからこれもありえない。

だいたいぼくはヴィジュアリストを自認してるくらいだから

視覚には自信があります。


それにカメラを覗く撮影中だし。

いろいろ見間違えていたら仕事にならない。


3.誰かを見間違えた。


モデルたちは全員広間でメイクをしていたので除外。

スタッフなら、借りている家の小部屋に勝手に入ってのんびり本を読んでいるなんてありえないし、

そんな悠長にしている場合じゃない。


4.その家の住人を見間違えた。


これが一番ありえそうだけど

住人のSさんは背も高く、身体の大きな男性で、黒に近い濃い色のシャツを着ていた。


見かけたのは少女で、グレーのシャツだった。


5.近所の少女が勝手に家に入ってきていた。


なにしろ玄関に鍵はかかっていなかったからね。


しかし、大勢ヒトがいるというのに、そんなことするか?


6.何かの気配が視覚化されて映った。


そんなことは、

あるかもしれない。


ぼくは現象論者だから、


科学的起因はともかく


なにか現象が起こる可能性は十分に信じる。

それにしても

ハッキリ見えたんだよなあ。


しかも、2度。

見えたからどう、

というわけではないけれど。

ふだん、

見えない気配の方を多く感じているから


そのほうがリアリティある。

案外、

この世はさまざまな気配に満ちていますよ。


そうそう。


今回も天気は見事に晴らしました。

天気予報を振り切って。


晴らすことしかできないのですが。

01:46

コメント

「わ、コワイ話!?」と思ったけど、
そーゆーのではなかったのですね。
自分はハッキリ何かを見た経験はないのですが、
「人がいたはずなのに、アレ?」
ってことはよくあります。
こっちの方は見間違いか思い込みでしょうけど…。

投稿者:
解凍プリん
Sep 11, 2009 3:50:04 AM

・・・私的には偶然と思いたいのですが、この手塚さんのブログの2日分(女の子の幻の項)まとめて読んでいるとき、突然買い換えたばかりのPCがパチンとシャットダウンし、再起動を勝手に始めたので最後まで読めず、しかたがないので起動が戻るまでPCをおいてある部屋(そこは本棚をたくさんおいてある書斎なのですが)の外にでるとふと階段下でボールをなんどもつくような音が聞こえました。階下の部屋には誰もいないので、最初はトイレのドアが風でバタバタいってるのか、水道の栓の閉め方がゆるかったか?と見に行ってみると何もなく、音源を捜すと、どうやら玄関脇の壁の上側から先ほどより音の感覚はひんぱんでなくなりながらも音が引き続きしたのですがだんだん聞こえなくなり、壁をわたしがとんとんとたたいたとたんやみました。・・・私的には気のせいと思いたいです・・。気配にとても敏感だ、とお書きでした、どこかから何かのメッセージじゃないでしょうか。・・うわ、シンクロしたのか?・・と思いましたよ(笑)。

投稿者:
マルティンあまね
Sep 11, 2009 11:33:41 AM

コメントを書く

コメント入力フォーム