Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

09/08/2009

ECHIZEN‐HAMA

新潟市内から海岸沿いに車で40分ほど行ったあたりに

越前浜

という海水浴場と小さな集落がある。


ここに古い日本家屋をひとりで借りて住んでいるSさんという人がいて

美術館のキュレーターをやっていることもあり、

アート活動に理解があって

家を撮影の時に使わせていただいている。

天井の高い立派な家屋で、

部屋数もある。

広い座敷がモデル、スタッフの楽屋兼、撮影場所にもなる。


この日は

「新潟美少女図鑑」から4人の美女がそこに来ていた。

「新潟美少女図鑑」とは

(前にも紹介したかもしれませんが)

新潟の美容室紹介フリーマガジンで


一般の街の女の子たちがモデルをしているのだけど

それがプロなみに写真を撮ってもらえるというので評判になり

発行されればまたたくまになくなって

手に入らない幻のフリーマガジンともいわれ


いまや全国でいくつもの「美少女図鑑」が暖簾分けされている


その元祖です。

実際、素人とは思えない撮影慣れしたモデルさんが何人もいます。


一方

「秘密基地」

というのは上古町にある美容室で

キムさんがひとりでやっているのですが

腕がいいのであちこちからご指名がかかる。


そこの2階がギャラリーになっていて

11月はそこで展示会をする予定ですが


そのための作品撮りをキムさんとやろうということで


越前浜まで来たわけです。


その家で撮影準備をしていると

玄関脇の小部屋が図書室のようになっていて

本棚がたくさんあるのですが

そこに背をもたれかけて座り、本を読みふけっている女性がいた。


向こうむきなので顔は見えないのですが、

背格好から若い女性で

グレーのTシャツ姿は
客というより住人。

ぼくはてっきり、Sさんの家族か友人がそこに泊まっていて

撮影の邪魔をしないように

(あるいは撮影が邪魔だと感じていて)

部屋に引きこもっているのだな、

と申し訳なく思いました。

撮影もつつがなく進み、

またその小部屋に目がいくと

その女性はまだ同じ格好で本を読みふけっている。


ぼくは邪魔をしないように静かにそこを離れて撮影に戻りました。

午後からは浜で撮影。


ムービーと違ってスチルは撮影も早くて

順調に進み、


ほぼ終わったところで

Sさんが車で現場にやってきて

「でかけますが、どうぞご自由に」

と挨拶をして立ち去りました。

ぼくは急に例の女性を思い出して

「そういえば、もうひとり住んでいる人がいたよね?」

と聞くと、

スタッフ全員が不思議そうな顔で

「えっ? あの家にはSさんしかいませんよ」

という。


ぼくが目撃した人は、誰も見ていないと。


Sさんは「いつもひとりなんで寂しくて」

と言っていたと。


だいたいスタッフもモデルたちも

グレーのTシャツは着てないし。

するとスタッフのひとりが

「そういえば手塚さん、小部屋を覗いてましたね」

「そうそう。あそこに誰かいたから」

「でも、わたしはそのとき手塚さんの後ろから肩越しに見てましたけど、誰もいませんでしたよ」


ええ〜っ

じゃあ、ぼくが見たのは誰ですか!?

つづく。

02:12

コメント

コメントを書く

コメント入力フォーム