Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

09/28/2009

TROUBLE

運転をしていて

ガソリンが足りないな

と思い、

スタンドめざして走っていたら


スタンド手前あと数百メートルというところでいきなりエンスト。


メーター表示ではまだ50キロは走れそうだったのに。


たまにはこんなこともあります。

とはいえ街道のどまんなか。

しかも帰宅ラッシュ時。


とんでもなく迷惑になってしまっている。


本当に、どうもすみません〜。


それも坂の途中です。


車を押して移動させようにも

ギアをニュートラルに入れたとたんにバックしてしまう。


まあ、こうなるとJAFを呼ぶしかないのだけど。

ところが

不幸中の幸いか

恐運なのか


目の前で交通事故があったらしく


パトカーが数台とまり、

警官がたくさんいるではありませんか。


すぐに飛んできて

「どうしました?」

「エンストしちゃいまして」

「(しょうがないな〜、事故の手前で!)じゃあ押しますから路肩に寄せて」

とおまわりさん数人で押してもらって

無事に路肩に寄せられました。


しかも事故処理のために赤いコーンまで並んでいたので、

ちゃっかりその中に停めさせていただきました。

ガソリン・スタンドは目と鼻の先だったので

ガソリンもらってきて無事発進。


事故に便乗してトラブル解決したのは申し訳ないのですが

こんなにおまわりさんに親切にされることなんて滅多にありません。


ありがとうございました〜。

実はその前にも路上駐車をしようと

駐車枠に停めると

小銭がない。


見ると目の前に駐車取締員がいるじゃないですか。

「小銭がないので崩してきます」

「はいはい。お早くね」


両替してもどると前後の車は料金未納で駐禁とられていた。

もちろん、ぼくのは無事。


これもタイミング絶妙でした。

こんなことが続けてあると


今日は公務員に助けられたな、

税金はらった甲斐があった


などと思いながら運転していたら

すぐ前を救急車が走っていて

まるで先導してくれているようで


できすぎでした。

16:12

コメント

コメントを書く

コメント入力フォーム