Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

09/05/2009

BAKANEGI

新潟古町の繁華街に

なぜか

博多長浜ラーメンの店があり


夜中に小腹が減ったのっで立ち寄ると

店内には50’sのロックンロールが流れていた。


これはグローバル化なのだろうか。

「ばかねぎラーメン」とメニューにあったので頼むと、

ねぎが山盛りにトッピングされていた。

「おおばかねぎラーメン」というのもあったので

聞くまでもなかったのだけど


「さらにたくさん載っているんですか?」

と訊ねると

「ラーメンがみえないくらい載っています」

と店員の兄ちゃんは親切に答えた。


新潟には11月に行う予定のイベントの仕込みにきている。


映画『白痴』10周年記念上映と

8ミリ映画のパフォーマンス上映


さらに

初の写真展


を予定中。

新潟で撮影された『白痴』は自分にとっても大事な映画だけれど


坂口安吾再評価につながったり

フィルムコミッションができたりと

地元にも少し貢献できた。

あとの2つのイベントは

アマチュアイズムとはなにか

問い直すような企画で


はからずも

新潟では

「水と土の芸術祭」が開催中であり


それに合わせて

「水のシアター」

「土のギャラリー」

をやってみようと

地元の面白き人々と企んでいる。

今回は

「秘密基地」

「新潟美少女図鑑」

とも提携した企画で


昨日は朝から「新潟美少女図鑑」から選り抜きの美少女9人を箱に詰めて撮影したりした。


と文章にするとワケわかりませんね。

写真は趣味程度にしかやっていないのですが


知り合いの女性を箱に入れて撮る


というポートレートの連作をしていて

100人くらい撮ったらささやかに発表しようと思っていたのですが

50人を期に途中経過だけでも見せようかと


今回は新潟で

知り合いでもない女性たちを箱に詰めているわけです。


その撮影中にとんでもないものを見てしまったのですが


その話はまた次回に。

11:33

コメント

なにを見たのでしょうか?
ひじょ〜に気になります。

投稿者:
解凍プリん
Sep 7, 2009 3:03:28 AM

コメントを書く

コメント入力フォーム