Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

10/16/2009

FILMS

新宿LOFTで行われている

30日間におよぶ

80年代を回顧するライブ・イベント

「DRIVE TO 2010」

の1日をオーガナイズして

「RETURN TO THE FUTURE」

が無事に盛況に終わりました。


見に来てくださった皆さん、

ありがとうございます。

出演は

スティールパン少女トンチ

dip in the pool


そして伝説の

FILMS。


学生時代に

『星くず兄弟の伝説』の監督を頼まれたとき、

近田春夫さんのアルバムに素敵な曲を提供していた

赤城忠治

というふざけた名前のアーティストがいて、


当時ぼくは本人には会わなかったのですが

とにかく彼の曲がよかった。

数年後、

その『星くず…』で主役をやっていた

久保田慎吾率いるクリスタルバカンスと

赤城忠治率いる FILMS が吉祥寺のバウスシアターで対バンということなので

観に行きました。

赤城さんは実によくて


声も詩も曲もよかったのですが


知的で、ユーモアがあり、センスもよくて

ポジティブで格好よかった。

しかし

当時すでに「滅多にライブをしない」伝説のバンドでした。

さらに数年たち、


80年代の終わりに

岡野玲子の人気マンガ 『ファンシイダンス』のイメージ・アルバムをプロデュースすることになり、

(そのときの担当ディレクターはその後『エヴァ…』をつくるキングレコード大月さん)


マンガの主人公のニュアンスを誰が出せるかと考えた末

赤城忠治さんを思い立ち


初めて本人に会ったのでした。

以来20年間、

彼はぼくのもっとも身近にいる

親友のひとりになりました。


赤城さんは

曲作りの天才で

ギターやテルミンも弾くし


繊細で

自然や地球を愛し、

思いやりがあり、


うそつきで

社会的なことが苦手で

だらしないところもある


素敵なヒトです。


ひさしぶりのFILMSは

オリジナルメンバーに加えて

元パール兄弟の 窪田晴男 と

ソフトバレエ の 森岡賢

が参加したにも関わらず

やっぱりFILMSで、

これこそ80年代の音楽で

懐かしく

でも未来的で

楽しく

格好よかった。

この瞬間に立ち会うために

20年間、友人としてつきあっているのだな、

と改めて想った。


次にライブが観られるのはいつだろうか。


10年後か

20年後?

09:03

コメント

初めまして~\(^^)/

ブログの更新いつも楽しみにしてます。
これからも頑張ってくださぁい~(^▽^)

投稿者:
すずか
Oct 18, 2009 10:17:12 AM

今頃なコメントですが、drive to 2010、FILMS見せていただきました。
drive to 2000のときもFILMS拝見しましたので、今回で2回目です。10年の間に私も子供ができて、なかなか夜遊びできなくなりましたが、今回は夫にジャンケンで勝ち!(夫はKERAの日に行くことになりました)この日のライブ鑑賞することができました。
素敵な企画をありがとうございました。

投稿者:
tmm
Oct 23, 2009 8:41:56 AM

突然、メールを差し上げまして失礼いたします。弊社より川村カオリさんの『復活 アナスタシア』という作品を1月23日に刊行いたします。その件でお願いがございまして、こちらに書き込みをさせていただきました。詳しい内容は改めてご説明のうえお願いをさせていただきたく、恐縮ですがご連絡先をご一報賜れますようお願い申し上げます。何卒よろしくお願い申し上げます。新潮社 新潮文庫編集部 鈴木真弓
m-suzuki@shinchosha.co.jp

投稿者:
新潮社 鈴木真弓
Dec 19, 2009 9:30:02 PM

コメントを書く

コメント入力フォーム