Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

10/18/2009

HONG KONG PREMIRE

『ATOM』の香港プレミアが盛況に開かれました。


『ATOM』はハリウッド映画と宣伝されていますが


実際には香港のCGスタジオ「imagi」が製作した映画です。

imagiはハリウッドにもオフィスがあって

監督やプロデューサーらは欧米のスタッフなので

ハリウッド映画といっても差し支えないわけですが

「アメリカ人が作った」

というのはちょっと正しくありません。

香港のスタジオでは400人もの若いアニメーターが参加していて

昨日、彼らははじめて完成した映画を観賞したのです。


香港や中国では

手塚治虫の人気は日本を上回るくらいに


国籍を越えて愛されています。

もちろん、『ATOM』は地元発の映画とあって

1年前から期待されていて

昨日のプレミアの熱狂もすごいものでした。

広東語バージョンです。


アトムの声は人気上昇中の子役スター、イアン君が、


そして天馬博士を

スターのアーロン・クォックが演じています。


アーロンはニコラス・ケイジさんや役所公司さんに比べるとずっと若いのですが

とても巧く演じていて

天馬の感情がよく出ていました。

香港の観客はよく笑いよく泣き、

素直に映画を楽しんでいます。


地元で取材を受けたら

「映画の中に香港的な描写があるのですが気にならないですか?」

と質問されたのですが


どこが「香港的」なのかわかりません。

(街の看板とかですかね?)

監督はイギリス人です。


imagi社は役員にもイギリスの方がいらっしゃるので

「映画の中にイギリス的な要素はありますか?」

と逆に尋ねると

「もちろん、ありますよ」

ということでしたが


やはり、どこがイギリス的なのか

さっぱりわかりません。


ちょっとブラックなギャグがあるのですが

そういうところかしら。

ちなみに香港の会社、と書きましたが

そもそも香港で仕事をしている人たちには

イギリス以外にも

中国、 シンガポール、 マレーシア などなどの方が大勢いて


商談などは英語です。

映画会社のエグゼクティブの皆さんと会食をしましたが

そんな席でもみな英語でした。

そんなこともグローバリズムにつながるのかもしれません。

(まあ、香港はムカシから国際都市ですがね)


そうそう、

見事な夜景が見られる九龍山の展望台には

マダム・タッソーの蝋人形館があって、


オバマ大統領やジャッキー・チェン、ジョニー・デップらと並んで

アトムが展示されています。


よくできていてかわいいですよ。


みなさん喜んで2ショットの写真とってました。


期間限定なので、香港にお立ち寄りの方は、
ぜひ。


さて明日はロスでプレミアです。

ほんとに、

行ったりきたりです。

17:27

コメント

コメントを書く

コメント入力フォーム