Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

10/21/2009

HOLLYWOOD PREMIRE

ハリウッド通りの中心にある

マンズ・チャイニーズ・シアターは

ハリウッドを象徴する映画館。

32年前、

ここで父と『スターウォーズ』を観ました。


最初のやつ。

ハリウッドで手塚治虫と一緒に『スターウォーズ』を観る。


父との、一番の思い出なんです。

当時ぼくは中学生で

はじめて訪れたハリウッドにときめきながら


いつか映画監督になって

ここで映画を撮るのだろうか


と夢想していました。

32年たち

まさかそのチャイニーズ・シアターで

プレミアショーに参加するとは

不思議な気持ちです。


今回、父はいませんが


かわりにアトムがいます。


『ATOM』のハリウッド・プレミアは

とても盛大に行われました。

リムジンから降り立つとフラッシュの嵐

たくさんの報道陣がマイクをつきつけてくる


という

絵に描いたようなレッドカーペット。

ハリウッドの芸能人や業界人が集う中、


アトム役のフレディ・ハイモアやクリステン・ベルらに混ざって


役所広司さん、


そしてなんと

X JAPANの YOSHIKIさんの姿も。

実はYOSHIKIさんはこの映画の主題曲をやる予定でした。


彼はアトムの大ファンなんです。

スケジュールなどの都合で今回は実現しませんでしたが

プレミアに駆けつけてくれました。

様々な人種の人たちが挨拶にきて


「手塚治虫の息子にこんな身近に会えるなんて!」

と興奮しています。

まあ、ぼくは手塚治虫の代わりにいるだけだから…


とぼんやり考えていたら

映画の中のアトムのセリフがよみがえってきた。


「これがぼくの運命なんだ。

ぼくはそのために作られたんだ」。


これで

日本、 香港、 ハリウッド と

同じ映画で3箇所のプレミアに参加しましたが

それぞれ国柄で違いますね。


もちろん、

ハリウッドは「本場」のスタイル。


誰もが「楽しもう!」

って気持ちで集まって


エンターティメント

ってこうだよね、


というぜいたくな雰囲気に満ちている。

香港はより「熱い」ノリが大事でしたが


日本はどちらかといえば「儀礼的」。


「形式的」かな。


やたら挨拶が長いのも日本。

アフターパーティも


日本ではホテルの宴会場で企業のレセプションという感じ。


香港はホテルのバーで少しリッチに。


ハリウッドはナイトクラブを借り切って

演出いっぱいのパーティ。


会場に過去の『鉄腕アトム』(白黒版)のビデオがバシバシ流れていたり


みんな「アトム」が大好きなんだ!

って雰囲気で楽しかった。


とにかく「盛り上げよう」「楽しもう」

という意識がしっかりしています。

痩せても枯れてもハリウッド。

夢のはしっこで

その一部でいることは

悪くないと想いながら


「ブルーコア」カクテルを味わうのでした。

19:03

コメント

いいですね、ハリウッド。私も行ってみたいです。でも英語はあまりしゃべれないな(汗)
地元ではatomが上映されないので、DVD化するのを待つしかないですね。

投稿者:
Oct 22, 2009 10:47:01 AM

>今回、父はいませんが
>かわりにアトムがいます。

ク~殺し文句。

…映画は正直アレだなあと思いましたが・

投稿者:
KK
Oct 23, 2009 11:37:06 PM

初めまして~♪
お仕事頑張って 下さいネ(-^□^-)

投稿者:
いずみ
Oct 28, 2009 10:10:35 AM

コメントを書く

コメント入力フォーム