Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

11/02/2009

AUTUMN

なぜか突然にクラシックバレエの公演に招待されて

かつてニジンスキーが踊ったという「牧神の午後」再現などをみてきました。


小牧バレエ団は

手塚治虫が若き頃にストラビンスキーの『火の鳥』を観て

マンガのヒントにしたという


由緒あるバレエ団です。

今回の公演は「リュス」と呼ばれるロシア・バレエの古典的なスタイルなのですが

前後するように「バレエ・リュス」という本が、

これも突然送られてきた。


公演とは別の、著者からの贈呈。


あまりにタイミングよすぎるので、

まるで仕組まれているようだな

と思いましたが


実は制作中のアニメの中にバレエの振り付けを取り入れたいと思っていたので

渡りに船とは、このこと。


いや、やはり仕組まれているのか。


突然といえば


知り合いでもない

LOVEさんというミュージシャンから

突然にトーク・ショーのお誘いがあり

出演してきました。

「LOVE・YA・DAY」という毎月やっている彼女のイベントで

毎月トーク・ゲストが入れ替わり、ミニ・ライブがつくという構成。

そういえばぼくもムカシ、やってたな〜。


「SALON TETRA」という

トークとライブの月イチイベント。


2年くらいやりましたっけ。


もちろんぼくは音楽演奏しませんが、

友だちのバンドとか入れて。

意外とタイヘンなんですよ、毎月のゲストのブッキングって。

LOVEさんは素敵な歌手だったので

どういう巡り会わせかわからないけど


いい友人ができたな、と。


ミニ・ライブといえば

最近ハマって聴いていた

俗曲師、うめ吉さん

(チャーミングな女性です)

の新譜を買ったら


ミニ・ライブの招待券がもらえたので


これはしめたと行ってきました。

うめ吉さんはいつも末広亭に出ているのは知ってましたが

ライブには行ったことがなかったので。

30分のミニ・ライブの後に

握手会

があるということで


ちょっと恥ずかしかったのですが

ついでに挨拶しようと並んでいたら

握手してくれたうめ吉さんは

ぼくの顔みてハッとしたので


つい

「手塚です」

と、名乗ってしまったら


「ひさしぶりです。どうしたんですか?」

ですと。

あれれ、知り合いだったっけ。


すごくボケている自分に驚く。


どうやら8年前に会っていたらしい。


なんで忘れていたのだろうか。


会ったことも忘れてハマっていたとは。

すてきな友だちをひとり取り戻した気分です。

うめ吉さんは童謡のCDも出しているのですが

坂本龍一さんが演奏した童謡のCDというのもあって


坂本さんも古い知り合いなんですが


それに映像をつける仕事をいただきました。


もちろん、子供たちに見せるビデオなんですが。


「ちいさい秋みつけた」

という

誰でも知っているうたに取り組んでいます。

ロシアバレエ、J‐POP、三味線俗曲、童謡と

とりとめなくあわただしい

です。

02:27

コメント

はじめまして!

坂本龍一さんが演奏した童謡のCDなんてのが

あるんですね!?初めて知りました

買ってみようかな。

投稿者:
絵描きの写楽
Nov 14, 2009 2:17:18 PM

コメントを書く

コメント入力フォーム