Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

11/08/2009

VISUAL BOX

新潟イベント情報 第2弾。


地元の若手クリエイターと手塚眞の共演。


「VISUAL BOX」

なにをやるかというと、


「水のシアター」

「土のギャラリー」

というものが新潟市内に出現するのです。


もちろん、期間限定。

ちょうど新潟市では

「水と土の芸術祭」をやってます。


それにちなんで

といいますか


提携企画です。


「水のギャラリー」では

8ミリフィルムを使ったアートムービーのパフォーマンス上映をやります。


ようするに

ここで1回きり観られるライブ映画というわけです。


作品は

成長する映画『惑星TEトLA』。

新潟2009バージョン

(今年、新潟で撮影した場面入り)。

それ以外にも

地元アーティストのダンス映像パフォーマンスやら

8ミリアンソロジーの上映などなど


盛りだくさん。


11月22日。

1日だけの特別イベント。


「土のギャラリー」は

初の写真展をやります。

数年前から趣味的に撮っている

「BOX」のシリーズ。


これは

友人たちのポートレート

なんですが、

テーマが

「箱」

で、

箱に入ってもらって撮っています。


いわば箱入り女性の写真集。


地元、新潟のモデルも加わり、

50人たまりました。


実は

100人たまったら発表しようと考えていたのですが

まだ半分で

途中報告という感じ。


11月15日から29日まで。

上古町の秘密基地にて。


会期中は会場でも撮影会をやります。


モデルになりたい方は応募していただけると

ぼくがそこで撮ります。

ライブつき展覧会ですね。


こういう、ストリートな感覚の小さいイベント、

大好きです。


ちょっとヒミツっぽい、


探してみつける感じも。

詳しくは

http://www.hakorazumo.com

または

http://www.neontetra.co.jp

で確認してください。


今月は

新潟で暴れます。

02:17

コメント

存分に暴れてください!!(笑)

投稿者:
Nov 8, 2009 9:17:55 AM

なんだか凄い。
新潟に行かないと観れないと言う事ですか…。

投稿者:
タイガー
Nov 10, 2009 5:47:21 PM

コメントを書く

コメント入力フォーム