Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

12/10/2009

TACO

PCにふりまわされて

熱を出して寝込みました。


機械相手だとついデリケートになります。

今年はかなり忙しかったので

年末は少し休もうと。


といいつつ、

年末は会食の機会が多くなります。

今日はエヴァンゲリオン 大月氏、樋口真嗣監督らと会食。

銀座で焼肉が食べたい

というので

雑誌で検討つけたホルモン焼肉屋にはいると、

出てきたタコ頭の店員がいきなり

「あ、手塚監督!」

というので、


「よくわかりますね」
なんて答えていたら


「むかし、監督の映画に出ましたよ」

って。


 !


ああ、

タコさん!

25年前に

『星くず兄弟の伝説』を撮ったとき

サンプラザ中野くんと共演していたタコ頭のパンク男が

当時アパレルで仕事していた、タコさん。

俳優ではない、完全な素人だったのですが、

キャラクターが面白いからと推薦されて、

出演してもらったのでした。

そのタコさんがこんなところに。


変わらずいまも名前を「タコ」で通しています。


一瞬にして25年前がよみがえってくる。


するとエヴァ大月氏も

「おれもあれ、出演してんだよ」

と。


え〜、そうだった?

たぶんエキストラで来てもらったのでしょう。


人生の中で、

ヒトの交差は面白い


というより

神秘的ですらある。

一瞬のすれ違いで終わるヒトもいれば


何度も出会うヒトもいる。

学生時代に知り合った青年が

その後、業界にはいって

まさか『エヴァンゲリオン』のプロデューサーになるとは。

年賀状の宛先を見ながら

さまざまな相手の顔を思い浮かべました。


名前に覚えのない相手から

見事な鬼ゆずが届く。


直径およそ15センチはある、

巨大なゆず。


それにしても誰から?

数日後に手紙が届いた。


坂口安吾の会で一瞬、立ち話をした相手だった。

彼女がその後、

新潟の安吾の碑を訪ねた折りに知り合った地元の婦人が、


ぼくの知人の母親だったそうなのだ。

その知人とは、

まさに数年前、


たまたま立ち寄った店が彼の店で

それが20数年前に、一度だけ会ったヒト。

出会いは驚異ともいえます。

21:25

コメント

25年ぶりの再会なんてすごい偶然ですねー。

でも不思議なことにパズルのピースがはまるように、そうやって繋がってくるもんなんですよね。(私は38才ですが、私でも感じることあります)それってなんなんでしょうね。
やっぱり神サマはいるんでしょうかねー。

あと旦那様のほうにグチるのもスジ違いですが、奥様のHPで玲子先生からのコメントを楽しみにしているのですが、今年は全然コメントがなくて、とっても淋しいです・・。(言っちゃった。すみません・・失礼しました~)

投稿者:
ラマナ
Dec 11, 2009 12:24:29 PM

人と人が交差してご縁が出来る。
今はそんなご縁を大切にしたいと思う毎日です。
音信不通になった仲間と思わぬ所で再会したり、世の中本当に面白いですね。

ここを読んで、久しぶりに「星くず…」を出して観ました。
何というか、この懐かしさ。
思わず寝るのを忘れてしまいました。
しかし、みんな若いなぁ!!

投稿者:
mita@niigata
Dec 12, 2009 4:22:04 AM

コメントを書く

コメント入力フォーム