Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

12/29/2009

YEAR'S LAST WORDS

本当に今年は1年が短く感じた。


それだけ色々なことがあってあわただしかった

ということですが。

感じたというだけではなく、

実際に短かったのだろう。

自分以外にも

「短かった」

というヒトがたくさんいたし。


少し早めに仕事納めをして

年末はゆっくり過ごそうと。

もちろん引き続いている仕事はあるのだけど


年末くらい静かにすごしたい。

家の掃除やら片づけをして


だいぶゴミを捨てたら

少しスッキリした。


新年の計画を考えると楽しい。

来年は


映画の企画を実現し

映画をたくさん観て

作品をたくさん作り

これまでになく


洗練された


静かで


美しい


年にしようと

考えてます。


「静かで美しい」


というのが

2010年のテーマです。


もちろん

今年以上に仕事はがんばる

つもりですが。


なんだか

今年は


世界が少しクリアに見えた気がしたんです。


前進ですね。


くわしくは書けないのですが

自分なりに世界を整理する気持ちに至ったと。


今年1年もおつきあいありがとうございました。


また来年

さらに洗練した年を

よろしくお願いします。

01:54

コメント

勝手に親近感を抱いてたまにコメントを入れさせていただいております。
静かで美しい・・自分にはまだまだ遠い世界です・・日本庭園とか書道とかそんなイメージです。

眞さん(さんづけでいいのかな)の2010年の益々のご活躍をご祈念いたします。自分も段階があがるように頑張りたいと思いマス。
では、よいお年を!

投稿者:
ラマナ
Dec 29, 2009 11:22:26 PM

手塚さんこんにちは。初コメです。
 日々の仕事に追われている私しては、何か創造したい欲求に駆られます。
 しかし、今は、飛躍のために、腰を落とし大いなる跳躍の為に、力を貯めている日々です。
 ”ヴィジュアリスト”をより前面に出し、よりアピールして、私たちを刺激してください。
 平成22年も、よいお年を。

投稿者:
日本人BJ
Dec 30, 2009 11:17:14 PM

コメントを書く

コメント入力フォーム