Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

01/10/2010

HEKIJA

上野で開催されている「チベット展」のミュージアムショップを覗いたら

中国人が雑貨を売ってましたが

そこで目についた装飾品をつい買ってしまった。

店の人に

「これは僻邪(へきじゃ)です」

と説明された


魔除けです。

正確には

「ヒキュウ」

という中国の瑞獣で

獅子と龍が合わさったような、一本角のある動物。

知らずに買ったのですが

実は魔除け以上に

財運をもたらす縁起ものでした。


よく雑貨屋でなにか目に止まると衝動買いしてしまいます。


実は衝動というより

かなり勘が働いて手に入れていますが。


それを家に持ち帰る(連れ帰る)意味があるのだろうと。

そんなわけで

ウチは雑貨がいっぱいです。


ところで

年末に家の中を片づけているうちに

片づけ癖がついてしまいました。


――もともと微妙に潔癖症のところがあって

今年はやたらと部屋を片づけている。


何か気になり出すと片づけずにはいられないし

ちょっといらないものやゴミが出ると

その場で捨てずにはいられない。

一見いい癖に思えますが


実は

ひとたび片づけが始めると仕事も手につかないありさま。


ぼくの仕事は半分以上、家に持ち帰るというか

家で作業することが多いので


そのための仕事部屋とちいさなスタジオがあるのですが

ちょっと気を抜くと資料やらなにやらで

びっしり埋まってしまう。

そうならないように

年始から気を引き締めているところです。

おかげで部屋は少し広くなりましたが


仕事ははかどっていません。

21:07

コメント

コメントを書く

コメント入力フォーム