Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

01/11/2010

ADULT

日本も

18歳で成人

にすべきか


いろいろな意見があるようです。

ぼくは

「成人」になる

のと

「大人」になる

のは

まったく違うことだと思ってます。


成人とは

あくまで社会のルールで


社会的な責任を追わなければならない年齢に達したこと。


いってみれば法律的な決まりです。

一方、


「大人」

というのはその人の生き方において


「他人に責任がもてる」


姿勢のことだと思うのです。

「わたしはいいと思ってました」

「わたしは自分で責任とれます」


という一方的な自分本意の責任は


ちっとも大人の証しではない。


第三者の視点、

他者への気遣い、

思いやり、

優しさ、


そうしたものがあって

「大人」じゃないかな。


「成人」というより


「聖人」


に近いですね。


自分勝手に生きて

周りのことなど関係ない

ヒトのことより自分のため

自分がよければそれでいい


というヒトは

どんな年齢になっても

どんなキャリアでも


けっして大人ではなく


かといって子供ともいえず


ただの成人。


子供なら

だいたいわがままで

気がすまないとわめいたり

自分の損得ばかり気にして

自己中心的になるのは成長の過程で

ある程度しょうがない。

しかし成人に達して

大人の身なりなのに


自分のことしか見ていないのは

見苦しいものです。


一見、立派そうにみえる

会社の経営者や

政治家なんかでも


「ああ、このヒトはまだ大人ではないんだ」

と想えるヒトはいます。


みんなが


「聖人」


である必要はないとは思いますが


大人にも


「聖人式」


があるといいかもしれませんね。

「成人」が本当の「大人」になる日が。

13:38

コメント

成人式でしたね~。今日は、お店にもキレイな着物姿の女の子がチラホラといらっしゃって、華やかな日でした(*^_^*)。…他人を批判したくなった時には、そう感じてしまった自分の未熟さを自覚しなさい…と、つい先日に先輩からアドバイスされました。大人になりきれていない自分に、日々反省です(^_^;)。

投稿者:
シャノン
Jan 11, 2010 10:36:35 PM

大人な人たちがいるおかげで世の中回って
いるのだと思いますが、
そういう人たちが増えすぎても肩苦しい世界になってしまうような気がします。

投稿者:
大悟
Jan 13, 2010 6:23:48 PM

こんにちは。

いつもブログ拝見させて貰ってます。
毎回、楽しい話題が多くて更新が楽しみです。

また遊びに来ま~す!

投稿者:
しいな
Jan 19, 2010 1:03:06 PM

新潟のような狭い地域の中で音楽活動などをしていますと、人間関係について考えさせられることもしばしばあります。漠然と感じていたことですが、はっきりとそれが「大人としての責任」と示して頂いたことで気持ちがスッキリしました。

気を配っているつもりでも、後になって気配りが足りなかったと後悔することがままあるので、気を付けたいと思います。

投稿者:
ハコラズモ田口
Jan 27, 2010 6:40:19 AM

コメントを書く

コメント入力フォーム