Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

01/05/2010

2010

新しい年、

新しい光。

初春のお慶びを申し上げます。


西暦

2010


は新しい節目ですね。


日本の皇紀だと

2670年。

「日本」は2670年の歴史があるようです。

とはいえ最近興味があるのは

「日本」以前のこの国。


この「地」というべきか。

「日本」と記された最初は大宝律令かららしいですね。


発令701年だから


約1300年前。


ところが


縄文時代は


約1万年間


あったようです。


1万年、


ですよ。

キリスト誕生から2010年、

古代エジプト人がピラミッドを建ててから約5千年。


それに比べると縄文とひとくくりにされている時代の

なんと壮大に長いことか。


ぼくは1万年間も

人々がただ狩猟と土器作りに明け暮れた生活を送っていたとは


とうてい信じられない。

そんなに長い期間、

生活が発展もせず

社会の進展もおだやかに暮らしていたなんて。


先史の歴史は年々書き換えられて

知られていたより古くなっている。

たとえば

昨年の研究発表によれば

ヒトが穀物を調理して食べていたのは

なんと

10万年前ですって。

(生野菜だけかじっていたのは誰?)


稲作は弥生時代から、


と学校で習いましたが


実際は縄文後期にはすでに稲が栽培されていたようで。

きっと村もちゃんとあったに違いない。

文化的に進んだ村と

おだやかな村があったに違いない。

高い知識を持ったヒトと


のんびり保守的に暮らしていた庶民が


それぞれ存在していたのだろう。


おそらく、


ぼくらの知らないことがたくさん起きていたに違いありません。

残念ながら日本の考古学はまだまだ発展途上にあります。


考古学界も少しずつ戦前の意識から解放されているようですが。


しかし

逆に考えれば

この2千年に

ヒトはどれほど発展したのか。


なるほど現代には


飛行機や ロケットや


パソコンや 携帯や


電子レンジや 冷蔵庫が

あるかもしれないが

みんながみんな

それを発明し作り上げたわけではない。

ひとにぎりの天才と技術者による発明と発見の恩恵を


多くの人々が分けあって

すがって

生きている。

多くのヒトは

発明家でも、ものつくりでもなくて

与えられた知識と材料を使って生きることしかできない。

みんなと同じように。

もしスーパーやコンビニが閉鎖してしまったら

食べ物はどうすればいい?

畑をたがやすか


海や川から採ってくるか


物々交換でもらうか、

いずれにしても

縄文の1万年と大差なさそうだ。


別にそれを嘆いているわけではなく

きっと縄文にも高い知性と文化があったんだろうな



夢想するわけです。


今年は


大きな時間の波に自分を置いて


世界を観てみようと


思っています。


どんなものが見えてくるか

そこからなにが生み出せるか

楽しみです。


皆さんにも素晴らしい光が降り注ぐ1年でありますように。

00:10

コメント

おめでとうございます。
改めてそんな風に考えたことがなかったので、はっとしました。
田村由美さんの漫画のバサラとか7SEEDSを思い出してしまいました。

今年のご活躍とご健康を心よりお祈りいたします。(奥様のほうの毎年恒例の年末のコメント、拝読しました)


関係ない話ですが・・私のアドレスのbunodataは、tadanobu・・浅野忠信ファンなのです。眞さんが白痴をする前から、フライドドラゴンフィッシュに出た時からのファンなので、眞さんより先に忠信をチェックしていたのですよー(なので前使っていたHNは彼の役名からナツロウとしていました)

今アドレス入れ忘れてすぐ送信できなかったので、言いたくなってしまいました。

投稿者:
ラマナ
Jan 7, 2010 7:05:29 AM

平成22年 寅年 明けましておめでとう御座います。
日本人の直接の先祖である、縄文人と言えば、縄文人のたくましさを連想します。
このたくましさは、不可思議な外圧で萎縮しているように見える今の日本人に必要な資質ではないか、と考えたくなります。
日本人は、もっと自分を信じて、大きな志で、大きく世界へ羽ばたいてほしいものです。
そのためにも、明治時代の北里柴三郎などの世界的偉人たる我が先人へと思いを馳せたい。
 おっと、更に言えば、手塚良庵氏を描いた”陽だまりの樹”は必読書といえるでしょう!

投稿者:
日本人BJ
Jan 7, 2010 10:56:54 PM

コメントを書く

コメント入力フォーム