Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

01/19/2010

FIREWORKS

この数年、年始はいつも

富士山に詣でて

河口湖で冬花火を観て帰る習わし。

富士山といっても

もちろん登るわけではなく


富士宮の浅間神社に参拝して

朝霧高原〜 鳴沢 経由で河口湖に出る。

だからまあ富士山を半周する感じです。


半周すれば、どこかで必ず富士は雲から顔を出してくれます。


河口湖の冬花火は

とにかく身も凍る寒さなのですが


凍てつく中で観る花火もまた美しく

オツなものです。

特に座席などなくて

湖岸の公園から立ち見なのですが


遮るものがないので

気持ちよく堪能できます。

もし、凍えたら近くに立ち寄り温泉もあるしね。


ところで

富士宮

といえば

焼そば

が有名なんですが


浅間神社の向かいに

焼そば屋ばかり集めたちょっとした広場ができて

観光客はそこで焼そばを食べるわけですが


その一角に甘味やがあり

お汁粉とかぜんざいにありつけます。

若い人がやっているので

店の内装はいたってシンプルで

わずかにナチュラルな素材と和 のテイストがあるのですが

そこでお汁粉をいただいていたら

BGMにアメリカのヒップホップがかかっていた。


たぶん有線なんだと思いましたが


いろいろ考えましたね。

彼ら(アーティスト)は

まさか自分たちのヒップな音楽が

遠い日本の

甘味や のBGMになっているとは

思いもよらないだろうな


とか


それを知ったら悲しむだろうか

それとも

面白がるだろうか

とか


そもそも屋台の焼そばなんかジャンクフードなんだから

ヒップホップが似合いなんだ

とか


それにしても

店の内装の

中途半端な

「和」

テイストはなんとかならないものか

とか。


ぼくは汁粉屋でヒップホップがかかっても

それがいまの日本というもので


それをいちいち気にしないのが

庶民感覚なのだと思いますが

ねらってそうしているのはともかく

環境や音というものに

まったく無自覚なのは


寂しいことですね。

富士宮の焼そば屋の脇の甘味やだから

いいじゃないか、

しょうがないだろう


と思うかもしれませんが。

20:45

コメント

コメントを書く

コメント入力フォーム