Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

02/08/2010

REUNION

3年前に、

たまたま知り合ったヒトがいた。


彼女はスタイリストなのだが

それはもう、行きずりの出来事で、


たまたま同じ店にいて

彼女が困っていたようだったので、

知り合いでもないのに

ずうずうしくも

いきなり助け船を出した。

ふつうならそれだけで終わる関係だが

名刺をもらったので、

年賀状くらい出していた。

3年たち、

今月、作品作りのスタッフが揃わず困っていたので

思いきって連絡をしてみたら、


翌日に3年ぶりに再会することになった。

そもそもよく知らない相手なので、


1.仕事の話をきいてもらえるかわからず

2.内容を理解してもらえないかもしれず

3.理解してもらえても、センスがあわないかもしれず

4.スケジュールがあわないかもしれず

5.条件があわないかもしれなかった。

ところが、

会ってみたらすべてクリアーしていた。


作品作りを手伝ってもらえることになった。


10年ちかく、

会っていないスタイリストがいる。


その前には、よく仕事を手伝ってもらっていたのだが、

ここしばらくは連絡すら取っていなかった。

気になったので調べてみたら

所在不明だった。

そこで知り合いのツテできいてみたら、

何年も前に東京を離れ、

仕事も離れているという。

それでは連絡するだけ無駄かもしれない。


そう思っていたら


本人から電話が入った。

まさにその日、

彼女は数年ぶりに友人と連絡を取ったところで

ぼくが探していたという話になったのだ。


その同じ日に!

しかも、

思うところあって東京を離れていたが、

数年ぶりに戻るつもりだという。

それも、

翌週に。


なんという、タイミング。


ロケ場所を探していて

ネットをみていたら、


20年前に

たった1度だけ、

イベントで会った方のホームページにたどり着いた。

彼女は元レーサーで

エッセイストでもあるのですが、


いまは東京を離れて

富士の山麓で酪農をやりながら

カフェを経営している。

しかし

友人というほどのつきあいでもなく、

なにしろ一度仕事で会ったきりで

20年間、ただ年賀状だけを交わしていた。

その方のホームページに

彼女が撮った写真がアップされているのだが、


その中の1枚が

まさに探していた景色だった。

すぐに電話して、

20年ぶりに本人と話した。

翌日には

朝霧高原にある

彼女のカフェを訪れた。

とても美しい場所にあり、

作品作りには理想的だった。

ところで

信じられないかもしれないが


この3つの話は


たった1日の出来事なのだ。


再会のタイミングは精妙なものだ。

奇跡とは思わない。

時が訪れれば、

出会えるようになっているだけだ。

03:00

コメント

大局観で物事を観たとき、全ての事が何かに向かって流れてる事に気づきますね。私はそれが幸せという抽象的な何かに向かってるのかなと信じてます。
でもその後ろにあるもっと大きな流れも感じずにいられません。例えば、戦争・死というのは地球が自身の体調管理の為に欲した事象なのかなーとか。
まぁ疲れてない?って聞かれちゃうレベルの話ではありますが。

必然的に出会った作品の事、又告知して下さい。楽しみにしてます。

投稿者:
hiroya
Feb 10, 2010 2:04:09 AM

コメントを書く

コメント入力フォーム