Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

02/14/2010

PARADE

あけましておめでとうございます。


今年は旧正月と日曜がうまく重なりました。

月に合わせた暦

というのは理にかなっていると思うんですけどね。

ささやかに正月のお祝いをしています。


さて

今年は作品作りに励んでいます。

作品といってもふたつあって


自主的に作るものと


仕事として頼まれて作るものです。


後者は

リクエストがあれこれあって


テーマが与えられたり

条件が決まっていたりしますが

なによりも


予算と締め切りがある。


予算は時間と密接な関係があって


たとえば予算から逆算すると

撮影は1日でやらなければならない

ということが起こります。


いまは映像業界も

不況です。

予算は10年前の半分か

それ以下ですね。


ひとつ仕事に対して

5個から10個くらいのアイデアは思いつくのですが


大半は予算と時間の都合で実現できません。

小説やマンガはいいな。


アイデアはすぐ形にできるでしょう。

映像はすべてにお金がかかります。

たとえば


「仕立ての良いスーツを着た紳士」


が必要となれば


仕立ての良いスーツ

紳士

を探さねばなりません。

紳士さんには予定もあるでしょうから

日にちを合わせたり

撮影現場に来てもらう段取りも考えなければなりません。


着替えたり休んだりする場所も必要ですし


お昼には食事も出さなければなりません。


お礼もしなければならない。


小説やマンガでは必要ないことばかりでしょう。


だから

消極的発想をしがちです。

「予算のかからないことは何か」

「1日で撮影できることは何か」

「衣装や美術がいらないアイデアはないか」

とかね。

そこで今度は


発想の転換


が必要になります。

異質感

意外性

なんかを持ち込みます。

「仕立ての良いスーツを着た紳士」

女性だったらどうなる?

子供だったら?

数百年前のアフリカのヒトだったら?

地球人じゃなかったら?


とか。

いま

長編映画の企画を進めながら

5本の短編に取り組んでいますが

おかげで頭の中は

サーカスのパレードのように

空想的なイメージやアイデアが

行列してますよ。

21:06

コメント

お久しぶりです。
私もなにかといろいろ忙しい毎日です。
映画作り頑張って下さい。

後、妹さんが放送しているラジオ番組がもうすぐ終了するとHPで観ました。残念です。

投稿者:
Feb 16, 2010 10:50:54 PM

やっほー!
初めまして~~。

いつも楽しみにしていまーす!
お仕事頑張ってくださいね~(笑)

投稿者:
かんな
Feb 18, 2010 11:25:57 AM

見たいです見たいです~!!手塚さんの頭の中も、新しい作品もっ(*^_^*)!!!…映画監督さんは、想像力豊かでありながら、同時に超現実主義の面が必要ですよね。関わる人が多くなればなる程、現実に対処する能力が求められるというか。それは、やっぱり誰でもが出来る事ではなくて、やるべき人がやっているんだなぁ…と思ったりするんです。手塚さんは、映画に選ばれちゃった人なんですよ~(^^)!

投稿者:
しゃのん
Feb 22, 2010 9:42:44 PM

コメントを書く

コメント入力フォーム