Tezka Macoto' 6D

プロフィール

1961年東京生まれ。世界でただひとりのヴィジュアリスト。

高校で映画製作を始め、17歳の処女作が日本映像フェスティバルで特別賞を受賞。大島渚に激賛され、以後インディペンデント映画を多数発表。8mm映画『MOMENT』でカルト的な人気を得る。

大学生のときにテレビや雑誌で仕事を始め、ショートホラーのルーツである番組『お茶の子博士のホラーシアター』(「もんもんドラエティ」)が評判になる。また『ねらわれた学園』で俳優としても怪演。
85年、ロックミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』で商業監督デビュー。

以降、実験映画から商業作品まで様々な映像製作の傍ら、小説の執筆やイベントの演出、音楽のプロデュースなどを行う。Vシネマの草分けとなった『妖怪天国』を監督し、数々のMTVを演出。黒澤明監督の現場に取材しメイキング・ビデオを撮る一方、開発初期のハイビジョンで東大寺を撮る。

黎明期からデジタル・メディアに接し、生物ソフトのエポックメイキングとなったCD-ROM『TEO~もうひとつの地球』をプロデュース。世界19か国で58万本を売り数々の賞に輝く。
10年を費やした意欲作『白痴』が99年のヴェネチア映画祭でデジタル・アワードを受賞。フランスでも劇場公開される。

93年に自身のオフィス「NEONTETRA」を設立。モデルの橋本麗香らのマネージメントも行った。
また手塚治虫の遺族としても活動を行い、記念館やホームページをプロデュースする。

近年はアニメの監督も行い、テレビアニメ『ブラック・ジャック』は東京アニメアワードの優秀作品賞を受賞。監修を行っているマンガ『PLUTO』(浦沢直樹)がヒットし、数々のマンガ賞に輝く。
最新作は劇映画『ブラックキス』。(2006年)

手塚眞
NEONTETRA

02/14/2010

ANXIETY

作品のロケに行く日


ハッ

と眼を覚まして

時計を見ると、

1時間おそかった。

自分の現場で遅刻!?


焦りまくって起きると着るものがない。

どうしよう〜。


焦りを通りこして、

怒りになってくる。

八つ当たりしかけて


また眼をさました。

夢だった。


時間通りに目覚ましは鳴り

遅刻はしなかった。


撮影の日は

いつも不安のかたまり。


楽しみにしていることなんてない。


心配だらけ。

なにしろ

作品は

すべて自分の責任だから。


前の晩はよく眠れない、

眠りは浅い。

必要なものは揃っているか。

段取りは大丈夫か。

天気はよいか。

すべて問題はないか。


撮影、行きたくないなあ


と思いながら

自分のお尻をたたくように起きて

出かける。

現場につくまでは、あれこれ考えないようにする。


集合場所について、

スタッフの顔をみて挨拶をすると

やっと少し気が紛れてくる。

希望がかなって

すてきなスタッフ

最高の出演者

を得ることができるのは


もちろん大きな喜びだ。

自分が好きだといえるものや

人々が

眼の前に揃っている。

これじゃあ

文句のいいようがない。


ロケのとき天気は本当に心配だ。


1週間くらい前から

天気予報チェックしてばかり。

前の日は

数時間おきに予報をみている。

晴れてほしい、

でも予報では雨または曇り。

雨さえ降らなければいい。


いっそのこと雪になれば、その方がマシ。


そう思って現場につくと


本当に雪が降り出した。

強運というべきか。

たしかに寒いけれど

ねらっても雪は降らせられないし。

高原で

一面の雪なんて

壮絶な情景だ。


これまで撮影で

何度も天気を味方につけてきた。

土砂降りを止まし


嵐を晴天に変えた。


都合よく雪になるのもありか。


「きれいな景色だね」


そういいながらも


撮影は楽しいものではない。

映像は期待通りになっているか

ピントは合っているか

露出は合っているか


スケジュール通りに進行しているか


出演者は凍えていないか。

心配の種はつきない。


だから

作品というものは

心配の結果にすぎない

というと


いいすぎかもしれないが。


それでも


作品を作ることができるのは

良いことだと

感謝しています。

02:46

コメント

コメントを書く

コメント入力フォーム